• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

更新日:2022年5月20日

印刷する

トピックス

ヒトパピローマウイルスワクチン積極的勧奨の再開について

 令和4年4月より、ヒトパピローマウイルスワクチンの積極的勧奨が再開しました。詳細につきましては、下記のページをご確認ください。

ロタウイルスワクチンの定期接種化に関するお知らせ

 令和2年10月1日から、令和2年8月1日生まれ以降のお子さんを対象にロタウイルス感染症の予防接種が定期接種になります。詳細につきましては、下記のページをご確認ください。

予防接種の接種間隔変更に関するお知らせ

 令和2年10月1日から、異なるワクチン間の接種間隔が一部変更されました。

 これまで、異なるワクチンを接種する場合、接種してから次のワクチンを接種するまでに一定の間隔をあける必要がありましたが、このたびの定期接種実施要領の改正に伴い、令和2年10月1日からその制限が一部緩和されることとなりました。
 今後は、注射生ワクチンを接種した日から次の異なる注射生ワクチンを接種する間のみ、 27 日以上あけることとし、そのほかのワクチンについては制限がなくなりました。

 ただし、あくまでも異なるワクチン間の接種間隔についてのみであり、同一ワクチンを複数回接種する際は、従来通り間隔をあける必要がありますのでご注意ください。
  • 改正後の接種間隔

日本脳炎に関するお知らせ

 平成17(2005)年5月30日より積極的な接種勧奨が差し控えられていた日本脳炎ですが、平成21年6月2日より新ワクチンの接種ができるようになりました。それに伴い、平成17年度から平成21年度の積極的勧奨接種の差し控えの間に接種機会を逸した者(救済措置対象者)が、定期接種として公費で接種できるようになりました。
 
令和2年度 日本脳炎救済措置対象者
第1・2期救済 13歳から20歳未満
平成12年4月2日から平成19年4月1日生まれの方
救済拡大措置 平成19年4月2日から平成21年10月1日までの間に生まれた者
2期(9歳から13歳未満)の間に、1期の既定の回数(3回)を接種できなかった場合、不足している回数分を公費で接種できます。ただし、7歳半から9歳未満の間は公費での接種はできません。
 上記に該当し、接種をご希望の方につきましては、予診票を発行いたします。母子健康手帳をご持参のうえ、健康増進課までお越しください。
 

ご案内

予防接種を受ける前に確認しましょう

もしもの場合

そのほか

このページに関するお問い合わせ先

健康こども部 健康増進課

所在地:〒286-0017 千葉県成田市赤坂1丁目3番地1(保健福祉館内)

電話番号:0476-27-1111

ファクス番号:0476-27-1114

メールアドレス:kenko@city.narita.chiba.jp