• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2022年7月1日

印刷する

ヒトパピローマウイルスワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)積極的勧奨の再開について

 ヒトパピローマウイルスワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)の予防接種は平成25年4月から定期予防接種となりましたが、接種後にワクチンと無関係とは言い切れない多様な症状が起きた、という報告がありました。
 このことから同年6月から定期予防接種ではありますが、接種後の副反応などの発生頻度がより明らかになるまで個別の接種勧奨を差し控えることが国により決定されました。
 令和3年11月に厚生労働省が開催した専門家の会議で、改めてヒトパピローマウイルスワクチンの安全性が他の定期接種のワクチンと比べて特に低い訳ではないことが確認され、接種によって子宮頸がんを予防できるという有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められ、積極的勧奨を再開することが決定しました。

 この決定を受けた最新の情報や市の方針は以下のとおりです。国からの情報等がありましたら、その都度内容を更新します。

 積極的勧奨・・・市町村が接種対象者やその保護者に対して標準的な接種期間の前に接種を促すお知らせなどを送ること等により接種をお勧めする取り組み

定期接種対象者について

  定期接種対象者(小学校6年生から高校1年生相当)に対して、令和4年4月に、ヒトパピローマウイルスワクチンの予診票等を個別に送付しました。

キャッチアップ接種対象者について

 平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれの女性で、ヒトパピローマウイルスワクチンを合計3回接種していない方を対象に、キャッチアップ接種を行います。キャッチアップ接種とは、公平な接種機会を確保する観点から、令和7年3月31日まで従来の定期予防接種の対象年齢を超えて公費(無料)で接種が受けられるものです。

  キャッチアップ接種対象者に対して、令和4年7月に、ヒトパピローマウイルスワクチンの予診票等を個別に送付しました。
 くわしくは、以下のリンク先をご覧ください。

ヒトパピローマウイルスワクチンを含む予防接種についての相談

 厚生労働省では、「感染症・予防接種相談窓口」を開設しています。下記相談窓口では、ヒトパピローマウイルスワクチンを含む、予防接種、インフルエンザ、性感染症、そのほかの感染症全般についての相談に応じています。

電話番号:03-5276-9337
受付時間:午前9時から午後5時(土曜日、日曜日、祝日、年末年始は除く)

関連リンク

このページの資料をご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ソフトウェアをお持ちでない方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを閲覧・印刷することができます。

このページに関するお問い合わせ先

健康こども部 健康増進課

所在地:〒286-0017 千葉県成田市赤坂1丁目3番地1(保健福祉館内)

電話番号:0476-27-1111

ファクス番号:0476-27-1114

メールアドレス:kenko@city.narita.chiba.jp