• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2020年10月9日

印刷する

2016年9月16日に 「友好都市協定」を締結した桃園市についてご紹介します。

桃園市ってどんなところ?

位置

 桃園市は、台湾の西北部にあり、台湾都市圏と隣接しています。
 市のほとんどが丘陵地と台地からなり、西北から東南に伸びる細長い形状で、海と山に面しています。
  • 台湾・桃園市の位置を表した地図

人口

約220万人(2019年4月30日現在)

面積

約1,200平方キロメートル

概況

 桃園市には桃園国際空港があり、近隣の台北港とともにアジアの空便・船便など運輸交通の中心を形成しています。
 台湾の世界に繋がる玄関口だけはなく、台湾トップ500の製造業のうち200以上の工場が立地する工業地帯を擁しています。

成田市との交流

 成田市との交流は、2015年9月に桃園市長を団長とする「桃園行政訪問団」の表敬訪問時に、都市交流の拡大に向けた意見交換と、「2016台湾ランタンフェスティバル in 桃園」への参加要請があり、2016年2月に開催された台湾最大の観光イベントであるランタンフェスティバルに参加しました。
 さらに、2016年9月には「成田伝統芸能まつり」への桃園市伝統芸能団体の出演の決定などがあり、両都市の間に友好交流を進める機運が高まり、桃園市より、成田市との友好都市の締結をしたいとの意向がありました。両市とも空の玄関口である国際空港を擁し、空港と共に発展するまちづくりを行っているという類似点などもあることから、2016年9月に「友好都市協定」を締結しました。
  • 上空から桃園市を見た写真

応援メッセージの交換

令和2年4月17日(金曜日)桃園・成田両市長によるSNSを利用した「新型コロナウィルス感染症に協力し乗り越えていきましょう」というエール交換を実施しました。
  • 鄭文燦市長twitter
  • 成田市facebook、うなりくんtwitter

桃園市から救援物資が寄贈されました

新型コロナウイルス感染症対策の支援として、台湾桃園市よりアルコールハンドジェル(60ml) 4,000本、ゴーグル 100個、ゴム手袋 20,000枚が寄贈され、令和2年6月12日(金曜日)に贈呈式が行われました。贈呈式では、桃園市代理として出席した日本千葉台湾商会 鍾幸昌会長により鄭文燦市長からのメッセージが代読され、目録が贈られました。また、成田市長からお礼の言葉と感謝状をお贈りしました。
  • 日本台湾商会のみなさまとの集合写真
  • 桃園市からの寄贈品目録と、成田市からの感謝状
  • 寄贈された救援物資とうなりくん

桃園市から新たに救援物資が寄贈されました

新型コロナウイルス感染症対策の追加支援として、台湾桃園市より新たに防護服 3,000枚、マスク  5,000枚が成田市へ寄贈されました。寄贈品につきましては、一部を印旛市郡医師会と成田市医師団へ譲渡し、残りを市の備蓄品として今後の感染症対策に活用いたします。

令和2年7月22日(水曜日)、印旛市郡医師会と成田市医師団への寄贈品の譲渡式が行われ、印旛市郡医師会 菅谷義範会長と成田市医師団 京増 芳則副団長より、お礼の言葉をいただき、桃園市へ感謝状が贈られました。
 
  • 記念写真
  • 感謝状
  • うなりくんと寄贈品

Bayfm78"NARITA Enjoy Morning"で台湾桃園市を紹介しています。

 市では県内外に成田の魅力を知ってもらうため、ベイエフエム(78メガヘルツ)で広報番組"NARITA Enjoy Morning"を毎週火曜日午前8時57分から2分間放送しています。 10月は桃園市を取り上げています。
 また、Bayfm78公式ホームページで映像とともに台湾桃園市をご紹介しております。

 
このページに関するお問い合わせ先

シティプロモーション部 文化国際課

電話番号:0476-20-1534

ファクス番号:0476-22-4494

メールアドレス:bunkoku@city.narita.chiba.jp