• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2022年5月1日

印刷する

胃がんについて

胃がんで死亡する人は年々減少していますが、まだまだ日本人に多いがんです。胃がんの原因はまだはっきり分かっていませんが、遺伝や食生活、最近ではピロリ菌が胃壁になんらかの影響を及ぼすのではないかと考えられ、研究が進められています。
がんは生活習慣病です。今一度ご自身の生活習慣を見直してみませんか。塩分の多いものは避け、バランスのよい食事を心掛けましょう。また、飲酒や喫煙についても注意が必要です。
50歳を過ぎたら、2年に1回「胃内視鏡検査」を受けましょう。

受診時のお願い

1.以下の項目に該当する場合は健(検)診受診日の変更をお願いします。
  1. 受診日及び2週間以内に、37.5度以上の熱(ワクチン接種後の発熱を含む)または新型コロナウイルス感染症、またはその疑いがある人との接触歴がある。
  2. 受診日及び1週間以内に咳やのどの痛み、だるさなど体調不良がある
  3. 新型コロナウイルス感染後療養期間中である、または濃厚接触の可能性があり、待機期間中である。
2.マスク着用や手洗いにご協力をお願いします。

3.高齢者や基礎疾患のある人は、感染症の発生状況等から受診方法・時期を判断してください。

感染症のまん延状況により健(検)診の日程等を変更する場合は市ホームページや広報なりた等でお知らせします。

加入中の健康保険に関係なく、他で検診を受ける機会のない人が受けられます。
バリウム検査(集団)と胃内視鏡検査(個別)の2種類があり、どちらか1つの受診となります。受けられる検診の種類は年齢等により異なります。

バリウム検査(集団)

【対象者】
 40歳以上(今年度胃内視鏡検査を受けない人)
 加入している健康保険の種類に関わらず、他で検診を受ける機会がない人が受けられます。

【検診内容】
 問診、バリウムによる胃のエックス線検査
 予約が必要です。

【検査方法】
  1. 発泡剤とバリウムを飲みます。
  2. 胃の粘膜に付着させるため、撮影台の上で体を左右に動かす、頭を下げる等の体位変換をします。
  3. 検査後、すぐにバリウムを排出する必要があります。受け取った下剤を飲み、排便の状態を観察し、ゆっくりお過ごしください。下剤は4錠までお渡しします。
【実施期間】
 6月から12月

【検査日程・会場】
 「令和4年度版成田市成人健(検)診のご案内」をご覧ください。

【料金】
 無料

【持ち物】
 受診券・問診票(案内冊子12ページを切り取ってお持ちください)

【結果】
 1か月後に郵送で通知します。

バリウム検査(集団)の予約方法

(注意)
同じ日に予約(胃)以外の検診を受診する場合、予約した「受付時間」に他の健(検)診の受付を行います。予約した受付時間に会場にお越しいただくと他の健(検)診を優先して受けられるため、待ち時間短縮になります。
 
成田市がん検診予約センター
【電話での予約】
電話番号:043-312-6004
受付時間:月曜日から金曜日 午前9時30分から午後1時、午後1時30分から午後5時
(土曜日・日曜日・祝日は除く)

(注意)
市外局番に注意しておかけください。
聴覚、言語、音声について障がいがあり、電話予約が困難な人は健康増進課(電話番号:0476-27-1111 ファックス番号:0476-27-1114)までご相談ください。

【インターネットでの予約】 
下記QRコードからお申し込みください。
予約完了まで約1週間かかるため、検診希望日の7日以内の予約・キャンセルは予約センターへお電話でお願いします。

【予約の流れ】
  1. インターネット申し込み
  2. 仮予約完了のお知らせメール着信
  3. 数日後に予約完了のお知らせメール着信

(注意)
予約完了まで約1週間かかります。入力間違いがある場合は予約不成立となりますので、住所・生年月日等間違いがないように入力してください。予約完了のお知らせメールが届かない場合や、検診希望日の7日以内の予約キャンセルや変更(web予約サイトからは行うことが出来ません)は成田市がん検診予約センター(043-312-6004)までご連絡ください。
  • がん検診予約センターQRコード

バリウム検査を受ける際の注意事項

【食事・嗜好】
  • 検査前日の夜10時以降から検査終了まで飲食はしないでください。(お茶・コーヒー・牛乳・あめ・ガム等を含む)
  • 水は就寝まで飲んでも差し支えありませんが、飲酒はしないでください。
  • 検査当日は水のみ検査開始2時間までに200ミリリットル以内なら飲んでも差し支えありません。
  • 検査終了まで喫煙しないでください。
【薬】
  • 糖尿病の人は、検査受診の可否について、主治医にご相談ください。服薬やインスリン注射については、主治医の指示に従ってください。
  • 高血圧・心臓病の人は、薬は検査2時間前までに200ミリリットル以内の水で服用してください。
  • そのほかの服薬については、主治医にご相談ください。
【服装】
  • 検査の受けやすい服を着用してください。
  • ボタン、ファスナー、金具のない無地のもの、ウエストがゴムのもの等を着用してください。
  • アクセサリー類や時計、腰に貼付している湿布薬・磁気治療器は外してください。
  • 腹巻やガードルなどは脱いでいただきます。
また、検査当日の体調や問診・診察により、検査を受けられない場合があります。

胃内視鏡検査(個別)

【対象者】
 50歳以上で昨年度同検査を受けていない人
 職場健診や健康保険組合の検診において胃がん検診を受ける機会がない人
 今年度、バリウム検査を受けた人は受けられません。

【検査内容】
 実施医療機関による胃内視鏡検査
「令和4年度版成田市成人健(検)診のご案内」をご覧になり、受診する医療機関へ直接予約してください。

【実施期間】
 6月1日から令和5年1月31日(終了は医療機関によって異なります)

【料金】
 3000円(生活保護受給者は無料)

【持ち物】
  • 受診券と健康保険証
  • 検診費用(生活保護の人は「生活保護受給証明書」)

【結果】
 実施した医療機関にご確認ください。

下記に該当する方は胃がん検診を受けられません

自覚症状がある場合は治療や診断のため、医療機関(保険診療)で適切な検査を受診してください。
過去に市の検診結果が「要精密検査」でまだ受診していない人は、医療機関で必ず精密検査を受けてください。

バリウム検査を受けられない人

  1. 胃腸の病気で治療中または経過観察中の人・胃を切除した人
  2. バリウムにより、じんましん・息苦しさ等が生じたことがある人
  3. 胃腸に自覚症状がある人
  4. 過去1年以内に開腹手術や整形外科の手術をされた人(身体が自由に動かせず、バリウムが胃壁につきにくくなるため)
  5. 過去1年以内に心筋梗塞や脳梗塞等を発症した人
  6. 腎臓病(人口透析)などで水分制限を受けている人
  7. 腸閉塞の既往がある人や当日まで下痢や3日間排便のない人
  8. 過去2か月以内に大腸ポリープを切除された人
  9. 自力で立位を保持することや、両側の撮影台の手すりをつかむことが困難な人
  10. 技師の指示に従ってスムーズに動くことが困難な人
  11. 妊娠中の人・妊娠の可能性がある人
  12. 授乳中で下剤服用後24時間以内の授乳を避けることが出来ない人
  13. そのほか、問診票にある「飲食時むせる」「せき込む」「つかえる」他の症状がある人

胃内視鏡検査を受けられない人

  1. 胃全摘術後の人
  2. 胃の部分切除後で、経過観察中の人
  3. 上部消化管の疾患で通院中、経過観察中の人
  4. ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌中、除菌後の経過観察中の人
  5. 疾患の種類に関わらず入院中の人
  6. 妊娠中の人、またはその疑いがある人
  7. 抗血栓薬、抗血小板薬またはそれに類する作用のある薬を服用されている人
  8. 咽頭、鼻腔などに重篤な疾患があり、内視鏡の挿入ができない人
  9. 呼吸不全のある人
  10. 急性心筋梗塞や重篤な不整脈等の疾患のある人
  11. 明らかな出血傾向またはその疑いのある人
  12. 収縮期血圧が極めて高い人(高血圧治療中の場合、検査直前に血圧を測り、受検の可否を判断する)
  13. 内視鏡検査に関するインフォームドコンセントを得られない人
  14. そのほか、医師が検査困難と判断した人

関連リンク

このページの資料をご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ソフトウェアをお持ちでない方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを閲覧・印刷することができます。

このページに関するお問い合わせ先

健康こども部 健康増進課

所在地:〒286-0017 千葉県成田市赤坂1丁目3番地1(保健福祉館内)

電話番号:0476-27-1111

ファクス番号:0476-27-1114

メールアドレス:kenko@city.narita.chiba.jp