• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2022年1月15日

印刷する

応急手当普及員の重要性と概要

「応急手当」その重要性

 突然の怪我や病気に対し、家族や職場でできる手当を「応急手当」と言います。
 広い意味での応急手当の中には、心肺停止状態の方に対して必要な救命処置の他により一般的な怪我や病気に対して、その悪化を防いだり、苦痛を軽減するために行われる、出血に対する圧迫止血なども含みます。
 けが人や急病人が発生した時、その場に居合わせた人が応急手当を速やかに行えれば、救命効果の向上や、その後の治療経過にも良い影響を与える事が出来ます。また、実際の現場でも応急手当を行い、救急隊に引き継ぎ、尊い命が救われた事例も多くあります。
 緊急事態に遭遇した場合、適切な応急手当を実施するためには、日頃から応急手当に関する知識と技術を学び、身に付けておく必要があります。また、1人でも多くの人が応急手当を出来るようにしておくことが大切です。

応急手当普及員とは?

 主に事業所又は防災組織などの団体において、当該事業所の従業員又は防災組織などの構成員に対して行う普通救命講習及び救命入門コースの指導に従事する方を言います。
 大切な人を、家族を、命を守るため、応急手当を広く普及させたいと思う方に、受講をお勧めします。
  • 応急手当普及員による指導の様子

応急手当普及員講習では何を学ぶの?

 応急手当普及員講習では応急手当に関する基礎知識から始まり、基本的心肺蘇生法の技術、指導するための技術、レッスンの計画(プランニング)など、「人に応急手当を教えるための知識及び指導技術」を学ぶこととなります。
  • 応急手当普及員講習の様子

応急手当普及員に認定されると何が出来るの?

 自ら、救命講習を開催することができるようになります。また、一定の基準以上の講習を修了した参加者に対しは、成田市消防本部より発行される修了証を交付する事が出来ます。(応急手当普及員から消防本部に対し、「修了証」発行の申請が必要)。

応急手当普及員講習会(中止)

 応急手当普及員として認定を受けるための講習会です。

応急手当普及員講習会(令和4年2月16日から3日間)の中止について

 令和4年2月16日から開催を予定しておりました応急手当普及員講習会につきましては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い中止の運びとなりました。お申込み頂いていた方には大変申し訳ありませんが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 そのほかご不明な点がございましたら、警防課(電話番号:0476-20-1592)までご連絡下さい。

お申し込み

【対象者】
 市内(神崎町含む)在住・在勤・在学の18歳以上の方で、すでに普通救命講習又は上級救命講習を受講されている方

【開催日・開催場所】
 令和4年2月16日から2月18日まで
成田市消防本部 赤坂消防署 多目的ホール

【受講時間】
 午前9時から午後5時まで(3日間)
 
【定員】
 12名(先着順)

【持ち物】
 昼食・飲み物・筆記用具・応急手当指導者標準テキスト

【受講事前申込】
 令和4年1月5日から2月2日まで(定員上限に達し次第締め切り)
電話または直接にて、消防本部警防課へお問い合わせください。

【必要書類】
  • 応急手当普及員受講申込書(申請書ダウンロードページから印刷可能)
  • 成田市及び神崎町の在住・在勤・在学を証明する書類の写し(運転免許証・社員証・学生証等)
  • 過去に受講した救命講習修了証のコピー
【認定証の交付】
 3日間の講習を受講し、一定のレベルに達すると認められた方へ応急手当普及員認定証が交付されます。

【そのほか】
 受講される方は『応急手当指導者標準テキスト(東京法令出版)ガイドライン2015』を各自ご用意ください。
認定証は発行日から3年間経過する月の末日まで有効です。

このページの資料をご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ソフトウェアをお持ちでない方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを閲覧・印刷することができます。

このページに関するお問い合わせ先

消防本部 警防課

所在地:〒286-8585 千葉県成田市花崎町760番地(市役所行政棟地下1階)

電話番号:0476-20-1592

ファクス番号:0476-24-4368

メールアドレス:keibo@city.narita.chiba.jp