• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2020年3月26日

印刷する

3月26日(木曜日)

 3月26日(木曜日)現在、本市に居住されている方で、コロナウイルスの感染が確認されておりますのはお一人でございますが、東京都をはじめとしました都市部など一部の地域においては、感染者数が増加している状況であり、今後、感染者の爆発的な増加が懸念されております。

 都市部などでの感染拡大の要因の一つに、社会・経済活動が活発な人々が、感染のリスクが高い場所に多く集まりやすく、気づかないうちに感染してしまうこと、中でも、若年層などで、症状がなく感染している方が、他の圏域に移動することで感染が拡大していると考えられております。

 これまでも市民の皆様には、こまめな手洗いなど、感染拡大の防止にご協力をいただいておりますが、当面の対応といたしまして、他地域からのウイルスの持ち込みを極力防止するため、都市部など感染が拡大している地域への移動については、慎重な判断をされるようご協力をお願いいたします。
 この難局を市民の皆さまとともに乗り越えてまいりたいと考えておりますので、あらためてご協力をお願いいたします。

3月25日(水曜日)

 千葉県の発表によりますと、3月25日(水曜日)、市内在住の方に、新型コロナウイルス感染症の感染事例が初めて確認されました。
 引き続き、市民の皆様の生命及び健康の安全安心のため、「成田市新型コロナウイルス感染症対策本部」において、感染症発生の予防及び拡大の防止に取り組んでまいります。

 市民の皆様におかれましても、国や県、市が発信する正確な情報に基づいて、冷静な行動をとっていただきますようお願いいたします。
 また、手洗い・うがい・咳エチケットなどによる感染予防の徹底をお願いするとともに、換気の悪い密閉空間や多くの人が密集している場所、近距離での会話や発生が行われるなどの条件が重なる場での活動を避けていただくなど、感染拡大の防止にご協力いただきますよう重ねてお願いいたします。
 
  • 患者の概要は下記のリンクからご覧ください。

3月11日(水曜日)

市では、新型コロナウイルス感染症に関する市長からのメッセージをYouTubeで公開しました。
下記のリンクからご覧ください。
  • 市民へ向けたメッセージを伝える小泉市長

市長コメント

 新型コロナウイルス感染症については、連日テレビあるいは新聞等で報道されており、市民の皆さんも大変不安に思っていることと思います。
 本市といたしましては、1月28日に新型ウイルス感染症警戒本部を立ち上げ、さらに2月28日には対策本部に移行し、私を本部長といたしまして、情報収集と対応を協議し、取り組んでいる状況でございます。

 現在、市のホームページ、広報紙またケーブルテレビなどを通じて、手洗い、うがいなどの感染予防の啓発、さらに注意喚起を発信しております。そうした中、市民の皆様方におかれましては、自発的にイベント、行事、スポーツ大会を中止延期していただき、ご協力頂いておりますことに、深く感謝を申し上げます。

 また、市内小中学校も休校中であります。児童生徒の皆さんは、学校で友達と勉強したり、あるいは、運動したり遊んだりすることができず、残念に思っていることと思います。また、保護者の皆様方におかれましても、大変ご苦労をお掛けしておるところでございますけれども、現在、小学校1年生から3年生、また、特別支援学級の子どもたち、家に一人で置いておくことができない場合、学校で受け入れを行っております。さらに、児童ホームにおいては、朝7時半から開所し、児童を受け入れておりますけれども、支援員の皆様方のご尽力に感謝を申し上げます。民間でも児童を受け入れているところがあり、ご協力に感謝申し上げます。

 そして、4月1日開院予定の国際医療福祉大学成田病院ですけれども、国内の医療状況の逼迫、また、社会的に責務を果たすという意味において、3月16日に前倒しで開院することとなりました。PCR検査など、感染症にも対応していただくということで、大変心強く思っております。

 現在、公共施設の利用制限をしており、市民の皆様には大変ご不便をおかけしております。また、市内の経済活動も停滞しており、いつ終息するか分からないということに、大変危惧しております。

 トンネルは必ず抜けるものです。朝の来ない夜はございません。一刻も早い終息を願いつつ、引き続き市民の皆様方のご協力をよろしくお願い申し上げます。