• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

  • ホーム
  • 安全・安心
  • 新型コロナウイルス感染症に関する市長からのメッセージ(令和3年度)

更新日:2021年5月21日

印刷する

令和3年5月17日(月曜日)

ワクチンの集団接種と個別接種についての市長からのメッセージです。
  • 市民へ向けたメッセージを伝える小泉市長

市長コメント

 こんにちは、成田市長の小泉一成です。

 5月18日火曜日から65歳以上の方を対象とした集団接種が始まります。
 接種当日は、会場の混雑を避けるため、予約確認票に書かれている受付時間の5分前には会場にお越しくださいますようお願いいたします。
 接種を受ける際は、接種券・予約確認票・予診票が必要になります。とくに、接種券がないと接種ができませんので、必ずお持ちください。
 なお、当日の体温が37.5℃以上ある場合や体調がすぐれない場合には、無理をせずに接種を控えていただくよう、お願いいたします。

 7月分の集団接種の予約につきましても、5月18日火曜日から受け付けを開始いたします。予約開始直後は電話が込み合うことが予想されるため、年代を分けて予約受付日を設定してまいりますので、皆さまのご協力をお願いいたします。電話がつながらない場合はしばらく時間をおいてからかけ直すか、ワクチン接種予約サイトをご活用してください。

 また、高齢者の医療機関での個別接種につきましては、5月25日火曜日から順次開始いたします。予約は直接、各医療機関に申し込みをお願いいたします。こちらの予約につきましても、電話が込み合うことが予想されます。また、1日に接種できる人数が医療機関によって異なりますので、医療機関と相談の上、慌てずに予約してください。

 市では、約3万3,000人の65歳以上の高齢者の皆さまに対して、6月末までの集団接種で約1万2,000人の方に接種を行うこととなっております。
 今後の集団接種とこれから始まる医療機関での個別接種をあわせると、7月末までに、市内の高齢者の皆さま全員が接種できる予定となっております。

 市では、皆さまが接種できる量のワクチンは確保しておりますので、焦らずに落ち着いて予約を取ってくださいますようお願いいたします。

令和3年4月30日(金曜日)

ワクチン接種予約終了(集団接種の6月末分まで)について市長からのメッセージです。
  • 市民へ向けたメッセージを伝える小泉市長

市長コメント

 こんにちは、成田市長の小泉一成です。

 市民の皆さま、事業者の皆さまには、新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力をいただき、心から感謝を申し上げます。

 市では、4月26日から65歳以上の高齢者の方のワクチン集団接種の6月末までの予約を受け付けたところですが、予約枠は埋まっている状態となっております。

 電話やインターネットがつながらず、今回、予約ができなかった皆さまには、大変ご迷惑、ご心配をおかけしましたことをお詫び申し上げます。ワクチンにつきましては、順次、供給されることとなっており、接種を希望する市民の皆さま全員が接種を受けられるよう、十分な量が供給される見込みとなっております。あわてずにお待ちくださいますようお願いいたします。

 市内の医療機関での個別接種や7月以降の集団接種につきましては、予約の開始日が決まり次第、市ホームページや広報なりたでお知らせしてまいります。

 今後も、市民の皆さまに、安心・安全そして速やかにワクチン接種を受けていただけるよう、万全の体制を整えてまいりますので、引き続き、こまめな手洗い、マスクの着用などの感染予防対策にご協力くださいますようお願いいたします。

令和3年4月26日(月曜日)

ワクチン接種についての質問に小泉市長が回答するQ&Aです。
  • ワクチン接種についてのQ&Aを行う広報課職員と小泉市長

ワクチン接種についての市長Q&A

  • 広報課職員 本日は、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種につきまして、皆さまから寄せられたご質問を、小泉一成 成田市長に伺います
  • 市長 こんにちは。成田市長の小泉一成です。市民の皆さま、事業者の皆さまには、新型コロナウイルス感染症拡大防止にご協力いただき、心から感謝を申し上げます。本日は、皆さまからのご質問についてお答えいたします
  • 広報課職員 まずは、ワクチン接種に対して、成田市の現在の取り組み状況を教えてください
  • 市長 65歳以上の高齢者の方に「接種券」、いわゆるクーポン券を発送いたしました。ワクチンが国から供給された際に、速やかに接種を行えるように、準備を進めています
  • 広報課職員 成田市には、いつ頃、どれくらいの量のワクチンが供給される予定でしょうか
  • 市長 4月19日の週から供給が開始され、4月中に約1,000人分が到着する予定です
  • 広報課職員 成田市ではいつから接種が受けられるのでしょうか
  • 市長 成田市では、医療従事者や、高齢者施設に入所している方などから、順次接種を行います。5月18日から、そのほかの高齢者を対象に、赤坂ふれあいセンターにて集団接種開始を予定しております
  • 広報課職員 個別接種はいつから予約できるのでしょうか
  • 市長 接種を実施する医療機関にワクチンが届き次第、広報なりたや市のホームページなどでお知らせしますので、それから予約をしてください
  • 広報課職員 送られてくる接種券はどのようなものですか
  • 市長 接種券は、左側が「接種券」、右側が「接種済証」になっています。接種会場には切り離さずにお持ちくださるようお願いいたします。また、接種後には「接種済証」の欄にシールが貼られます。ワクチンを接種したという証明ですので大切に保管してください。
  • 広報課職員 どうすれば接種が受けられるのか教えてください
  • 市長 接種を受けるには、予約が必要です。集団接種の予約は4月26日月曜日午前8時30分から受け付けを開始します。接種券に同封されているパンフレットや市のホームページをご確認いただき「成田市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター」または「ワクチン接種予約サイト」で予約をお願いします。受付開始直後は電話が込み合うことが予想されますので、つながらない場合は、しばらく時間をおいてから、おかけ直しいただくか、「ワクチン接種予約サイト」を活用してくださいますようお願いいたします。また、医療機関での個別接種も準備が整い次第、実施してまいりますので、ご検討をお願いいたします
  • 広報課職員 個別接種実施医療機関の一覧に、かかりつけの医療機関が記載されていない場合には、そこで接種することはできないのでしょうか
  • 市長 一覧にある医療機関以外にも、通院中の人を対象に接種を行う医療機関がありますので、かかりつけの医療機関に、ご確認をお願いします
  • 広報課職員 持病があって成田市外の病院に通っている場合、そこで接種を受けることはできるのでしょうか
  • 市長 成田市発行の接種券で市外のかかりつけの医療機関で接種を受けることが可能です。詳細は、かかりつけの医療機関にお問い合わせをお願いします
  • 広報課職員 外国人で日本語が分からない方への対応はどうなっていますか
  • 市長 事前に書いていただく予診票には、外国語対応のものが用意してありますので、コールセンターかワクチン接種対策室に連絡してください。また、当日、会場で接種するときには、翻訳アプリを使用して会話をすることができます
  • 広報課職員 予診票の書き方が分からないときは、どこに聞いたらよいですか
  • 市長 成田市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンターに問い合わせるか、接種会場で相談することもできます。自身の病気のことなどについては、かかりつけの医師や薬剤師などに相談をお願いします
  • 広報課職員 基礎疾患があることを証明するために診断書などは必要ですか
  • 市長 診断書などは必要ありません。基礎疾患があることを予診票に記載していただき、必要があるときは、問診で医師が病気や治療の状況などを確認します
  • 広報課職員 接種を受けるときの注意事項などを教えてください
  • 市長 接種前にご自宅で体温を測り37.5度以上ある場合や、体調が悪い場合には、接種を控えて、コールセンターに連絡してください。また、接種後に、接種部位の痛みや発熱、倦怠感、頭痛などが起こることがあります。できるだけ、接種当日や翌日は無理をしないで過ごせるよう、事前に予定を立てておくことをおすすめします
  • 広報課職員 接種後にアナフィラキシーショックなどが起こった場合の対応について教えてください
  • 市長 集団接種会場には、医師や看護師の皆さんが待機し、医薬品なども十分に準備しておりますので、血圧の低下や意識障害などのショック症状が出た場合に、すぐに治療できる体制を整えております。また、個別の医療機関でも、医薬品などの準備がありますので、すぐに治療を行うことができます
  • 広報課職員 ワクチン接種は全員が受けなければいけないのでしょうか
  • 市長 ワクチンの接種は任意で、感染症予防の効果と副反応のリスクを理解していただいたうえで、受ける方の同意がある場合に行われます。職場や周りの方に接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをしたりすることのないようにお願いします
  • 広報課職員 ファイザー社のワクチンは1回目から2回目を接種するまで、どのくらい間隔を空ければよいですか
  • 市長 ワクチンの効果を十分に得るために、1回目の接種から18日以上間隔を空けることとされています。集団接種会場で2回目の接種の予約をすることができます。接種の間隔が3週間を超える場合は、できるだけ早く2回目の接種を受けていただくようお願いします
  • 広報課職員 最後に、市民の皆様へのメッセージをお願いします
  • 市長 市民の皆さまに、安心・安全そして速やかにワクチン接種を受けていただけるよう、万全の体制を整えてまいります。引き続き、こまめな手洗い、マスクの着用などの感染予防対策にご協力くださいますようお願いいたします

令和3年4月22日(水曜日)

ワクチン接種について市長からのメッセージです。
  • 市民へ向けたメッセージを伝える小泉市長

市長コメント

 こんにちは。成田市長の小泉一成です。

 市民の皆さま、事業者の皆さまには、新型コロナウイルス感染症拡大防止にご協力をいただき、心から感謝を申し上げます。

 全国で高齢者の方を対象としたワクチン接種が始まりました。本市においても65歳以上の高齢者の方に「接種券」、いわゆるクーポン券を発送したところです。

 ワクチンにつきましては、4月中に約1,000人分が供給される予定ですが、市内の高齢者人口に比べて限られた数となっていることから、重症化のリスクが高い高齢者施設などに入所している方から、順次、接種を行ってまいります。

 そのほかの高齢者の皆さまにつきましては、市内の公共施設などで行う集団接種、または医療機関での個別接種となります。

 集団接種の予約につきましては、4月26日月曜日午前8時30分から開始いたします。予約の開始直後は電話がつながらない状態になることが予想されます。その場合には、しばらく時間をおいてから、おかけ直しいただくか、「ワクチン接種予約サイト」を活用してくださいますよう、お願いいたします。

 また、市内の医療機関での個別接種の予約開始時期につきましては、ワクチンの供給量が安定し、各医療機関の環境が整い次第、あらためて、市のホームページや広報なりたでお知らせいたします。

 市民の皆さまに、安心・安全そして速やかにワクチン接種を受けていただけるよう、万全の体制を整えてまいりますので、引き続き、こまめな手洗い、マスクの着用などの感染予防対策にご協力くださいますようお願いいたします。

関連リンク