• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2022年4月1日

印刷する

 市では、中学校卒業までの子どもが病気やけがなどで医療機関を受診した際に医療費を助成する「子ども医療費助成制度」に加え、子育て世帯の負担を軽減するため、令和4年4月1日から「高校生等医療費助成制度」を開始します。

助成の内容

 高校生相当年齢の子どもにかかった医療費の自己負担分の全部または一部を助成します。
 令和4年4月分の医療費の申請は5月1日(日曜日)から受け付けを開始します。それ以降は、受診した翌月から2年以内に申請することができます。
 助成はすべて償還払いとなります。子ども医療費助成制度とは違い、受給券は発行されません。

自己負担額

 健康保険が適用された医療費(医科・歯科・調剤など)が対象です。市民税所得割非課税世帯は入院・通院も無料です。
  • 入院1日 200円
  • 通院1回 200円
  • 調剤 無料

助成対象とならない医療費

  • 健康保険が適用されない医療費(健康診断・予防接種・入院時の室料差額・文書料等)
  • 学校などの管理下(学校生活全般・登下校中を含む)の負傷などで、(独)日本スポーツ振興センターより災害共済給付の対象となる場合
  • 交通事故などの第三者行為による負傷にかかる医療費
  • 確定申告に使用した医療費(注意)
  • 医療費を支払った日の翌月の初日から起算して、2年を経過したもの
(注意)助成をした後の自己負担分200円は、確定申告の医療費控除の対象とすることができます。

対象者

 市に住民登録があり、健康保険に加入している高校生相当の年齢(15歳になった後の最初の4月1日から18歳になった日以降の最初の3月31日)の子どもの保護者
(注意)子どもが保護者の扶養から外れた場合や婚姻した場合は対象とはなりません。

申請方法

 申請書と医療費の領収書などを添付して子育て支援課(市役所2階)、保健福祉館内の健康増進課、下総・大栄支所の窓口で申請してください。

受診から助成までの流れ
  1. 医療機関で医療費(患者負担分)を支払い、領収書を受け取る
  2. 申請書と医療費の領収書などの必要書類を添付して窓口で申請する。かかった医療費から自己負担金を差し引いた金額が口座に振り込まれる(償還払い)

必要書類

  1. 高校生等医療費等助成金交付申請書
  2. 医療内容明細のある領収書又は医療機関が発行する証明書の原本
  3. 「地方税関係情報」の確認に係る同意書(初回の申請時に提出してください。子ども1人につき1枚必要です)
  4. お子様の健康保険証の写し
  5. 申請者(保護者)名義の口座が分かる物
  6. 1月1日時点で成田市に住民登録がない場合は、市区町村民税課税証明書
 【課税証明書申請の注意事項】
  • 1月から7月までの受診分を申請をする場合は、保護者の前年度の所得・課税証明書が必要となります。
  • 発行する市区町村によって証明書の名称が異なる場合がありますが、所得額・控除額・扶養人数・課税額がすべて記載されている証明書を提出してください。
  • 1月1日時点で海外に居住しており、日本に住民登録がなかった場合は、パスポートを持参してください。
  • 証明書の発行は、原則として1月1日に住民登録があった市区町村が行いますが、住民登録地と、実際に居住している市区町村が異なる場合は、住民登録地の市区町村では発行されない場合があります。証明書発行の可否や、取得方法の詳細については1月1日時点の住民登録市区町村まで、事前にお問い合わせください。
  • 再転入等で、1月1日に成田市に住民登録があった場合は、その旨をお知らせください。市区町村民税課税証明書の提出はで不要です。

申請場所

 市役所2階の子育て支援課、保健福祉館内の健康増進課、大栄支所窓口サービス係・下総支所窓口サービス係で申請を受け付けます。

このページの資料をご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ソフトウェアをお持ちでない方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを閲覧・印刷することができます。

このページに関するお問い合わせ先

健康こども部 子育て支援課

所在地:〒286-8585 千葉県成田市花崎町760番地(市役所行政棟2階)

電話番号:0476-20-1538

ファクス番号:0476-24-1086

メールアドレス:kodomo@city.narita.chiba.jp