• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2021年10月7日

印刷する

新型コロナウイルス感染症に係る小中義務教育学校の対応について

成田市では、感染症対策等を徹底しながら、以下のとおり教育活動を行ってまいりますので、ご理解、ご協力をお願いいたします。

学校生活について

  • 学校内では、マスクの適切な着用、三密の回避、室内の換気、活動前後の手洗いを徹底します。
  • 家族を含めた毎朝の健康観察を確実に行います。
  • 児童生徒や同居のご家族に発熱等の風邪症状がある場合は、登校を見合わせ、必ず学校までご連絡ください。
  • 基礎疾患がある場合や感染が不安で学校を休ませたい等、心配なことがある場合は、学校までご相談ください。欠席の扱いとはなりません。

授業等について

  • 家庭科の調理実習、楽器演奏、理科の近距離で行う実験や観察等、感染リスクの高い活動については、飛沫飛散防止のため、対面を避けるような配置の工夫、アクリル板等の使用、十分な換気等、適切な感染対策を行いながら実施します。
  • 歌声活動を行う際にはマスクの着用を必須とし、学級単位での活動に限ります。また、指導者、伴奏者、児童・生徒の間隔を前後左右に最低1m以上空けます。

学校行事について

  • 校内行事は、できる限りの感染予防策を徹底し、無観客または参観者の上限を設けて実施します。
  • 校外行事は、目的地の感染状況等を踏まえ、健康観察の徹底、感染症対策の確実な実施、保護者の理解・協力を得て、実施します。

部活動について

  • 緊急事態宣言の解除に合わせて、計画的・段階的に部活動を再開します。
  • 朝練習は実施しません。平日2時間程度、休日3時間程度の練習とします。
  • 平日に1日以上、週末に1日以上の少なくとも週当たり2日以上の休養日を設けます。
  • 休業日の練習においては、昼食をはさまないよう時間設定をします。
  • 他校との練習試合や合同練習は、感染症対策を徹底しながら、双方の校長の合意のもと校長判断により実施します。
  • 各種大会への参加にあたっては、各種競技団体や文化芸術団体が作成するガイドラインを踏まえて、感染症対策を徹底します。
     

そのほか

  • 緊急事態宣言の解除に合わせて、学校体育施設の開放を再開します。

学級閉鎖等の判断基準について

  • 学校で新型コロナウイルスの感染者が確認された場合は、以下の対応とします。

濃厚接触者の特定の場合の臨時休業の範囲や条件

濃厚接触者の特定の場合
休業の範囲 判断の基準 休業の期間
児童生徒の活動内容や行動範囲によってその都度検討する 保健所が濃厚接触者の特定を行う 濃厚接触者が特定され、全体像が把握できるまでの期間
  • 学校内で感染が広がる恐れがない場合は、学校教育活動を継続する。
  • 学校内で感染が広がる恐れがある場合は、以下の対応を行う。

学校内で感染が広がる恐れがある場合の臨時休業の範囲や条件

学校内で感染が広がる恐れがある場合
休業の範囲 判断の基準 休業の期間
学級閉鎖
  • 2名以上の感染者が判明した場合
  • 感染者が1名以上および未診断の風邪症状を有する者が複数いる場合
  • 1名の感染者および複数の濃厚接触者がいる場合
  • そのほか、必要と判断した場合
5日から7日程度
(土日等の休業日を含む)
学年閉鎖
  • 2学級以上の学級閉鎖を行う場合
同上
学校全体の臨時休業
  • 2学年以上の学年閉鎖を行う場合
同上
  • 保健所の調査や学校医の助言等を踏まえて、休業の範囲や期間等を決定する。
  • 感染の状況や保健所の調査・指示、学校医の助言により、本表の対応とならない場合もある。
このページに関するお問い合わせ先

教育部 教育指導課

所在地:〒286-8585 千葉県成田市花崎町760番地(市役所行政棟5階)

電話番号:0476-20-1582

ファクス番号:0476-24-4326

メールアドレス:kyoshido@city.narita.chiba.jp