• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2021年7月9日

印刷する

休日に親子で料理作りを楽しんでみませんか。親子で作れる、簡単メニューを紹介します。

親子で料理を楽しもう!

子どもの食事作りやお手伝いは料理技術を高めるばかりでなく、家族のコミュニケーションをはかるいいチャンスです。料理や買い物などの準備を体験させながら、子どものできることを増やしていきましょう。
  • 子どもが料理をしている

子どもと一緒に料理を作るといいこと

  • 料理作りは手や指先を使ったり、調理器具を使い作業したりと、自然に指先のトレーニングとなり、脳に刺激を与えます。
  • 料理作りを通して食材に触れることで、食材に対する興味や愛着が生まれます。
  • さまざまな調理工程を経ておいしいものが出来ることに気づいたり、自分で作ることで苦手な物が食べられるきっかけになることもあります。
  • 家族のために料理を作り、一緒に食べ、「おいしかったね、ありがとう」と喜ばれることで達成感を味わうことや、普段作ってくれる家族への感謝の気持ちが生まれることにもつながります。

一緒に料理を作る時に気を付けたいこと

約束を決め、伝えましょう

料理を作り始める前に、危ないことややってはいけないことを具体的に伝え約束しましょう。
  • ふざけない
  • 一人で火をつけない
  • 包丁を人に向けない

おおらかな気持ちで、子どもと向き合いましょう

子どもと料理をしていると、作り終わる前に飽きてしまうことや、思い通りに作業が進まないことがあるかと思います。そのような時もおおらかな気持ちで子どもと向き合えるように余裕を持つことが大切です。
  • 時間と気持ちに余裕のある日に始めましょう
  • コミュニケーションを楽しむ時間と考えましょう
  • 子どもが興味を示さない場合は、まずは、親がお料理をしている姿を見せましょう

子どもができるメニューを選びましょう

子どもができる作業は何かな?できることからやってみよう!
  • 手でちぎる
  • 手でこねる
  • 型を抜く
  • ゆで卵の殻をむく
  • 器具を使って混ぜる・つぶす
  • ハサミで切る
  • 包丁で切る
  • お米をとぐ
  • 子どもの作業例

子ども専用の調理器具があると便利

子ども専用の調理器具は子どもの小さな手に持ちやすく操作しやすく、けがの予防になったり、子どものやる気がアップしたりします。エプロンや三角巾、型抜きや包丁などお子さんと探してみるのも楽しいですね。

一緒に料理を作ってみよう!

レシピ紹介

  • 人参マフィン
  • ツナそぼろごはんレシピ
  • 夏野菜グラタンレシピ
  • フルーツミルクゼリーレシピ
このページに関するお問い合わせ先

健康こども部 健康増進課

所在地:〒286-0017 千葉県成田市赤坂1丁目3番地1(保健福祉館内)

電話番号:0476-27-1111

ファクス番号:0476-27-1114

メールアドレス:kenko@city.narita.chiba.jp