• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2021年3月15日

印刷する

離乳中期(生後7か月から8か月頃)

食事のリズムと食べ方の目安

  • 1日2回の食事にして生活リズムを確立していきます。
  • 食後に母乳や育児用ミルクを与えます。そのほかに、授乳のリズムに沿って母乳は欲しがるだけ、育児用ミルクは1日3回程度与えます。(食事リズム例参照)
  • しだいに、舌が上下に動くようになり、食べ物を舌と上あごで押しつぶして食べることができるようになってきます。
  • 1日2回食にして、生活リズムを確立していきましょう。

調理形態

舌と上あごでつぶせる豆腐くらいのやわらかさが目安。
  • 親指と薬指でつぶせる程度のやわらかさが目安です。
  • お粥は7倍がゆ、にんじんは3から5mm角、絹ごし豆腐は4から5mm角程度が目安です。

進め方

  • 穀類(主食)、野菜(副菜)・果物、たんぱく質性食品(主菜)を組み合わせた食事とし、バランスを意識しましょう。(「離乳食の進め方の目安」参照)
  • 風味づけ程度に味付けすることもできますが、素材の味を生かしたものにしましょう。

食べさせ方のポイント

  1. 一人でお座りができるようになったら、足底が床や椅子の補助板につく安定した姿勢をとることで、あごや舌に力が入ります。ベビーチェアなどを使用するのもよいでしょう。
  2. 赤ちゃんの下唇にスプーンをのせて、上唇で口の中へ離乳食を取り込むのを待ちます。スプーンを口の奥まで入れてしまうと、食べ物を丸のみしたりむせて危ないので、舌の中央より奥に入れないよう注意しましょう。

このページの資料をご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ソフトウェアをお持ちでない方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを閲覧・印刷することができます。

このページに関するお問い合わせ先

健康こども部 健康増進課

所在地:〒286-0017 千葉県成田市赤坂1丁目3番地1(保健福祉館内)

電話番号:0476-27-1111

ファクス番号:0476-27-1114

メールアドレス:kenko@city.narita.chiba.jp