• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2019年1月8日

印刷する

深刻な海洋汚染

 スーパーやコンビニエンスストアで配布されているプラスチック製のレジ袋が、ごみとして海に捨てられ、それをウミガメやクジラが飲み込むなど、プラスチックごみによる海洋汚染が深刻になっています。
 環境省は将来的に、スーパーやコンビニエンスストアなどの小売業者にレジ袋の有料化を義務付け、プラスチックごみの削減を目指しています。
 

プラスチックごみの削減のために

プラスチックごみの削減のために、レジ袋の削減・マイバック(買い物袋)の持参に取り組みましょう。

成田市環境基本計画ではレジ袋の削減・マイバックの持参を推進しています。
  • 市の取組…マイバッグの持参や詰め替え製品利用などのリデュース(ごみを元から減らす)の普及啓発をします。 
  • 市民の取組…詰め替え商品を選ぶ、レジ袋を断る、不要なものはもらわないなどのリデュースを徹底し、マイバッグを持参します。
  • 事業者の取組…マイ箸、マイカップ、マイバッグ運動の推進など、消費者の環境配慮行動の普及啓発に協力します。
このページに関するお問い合わせ先

環境部 環境計画課

電話番号:0476-20-1533

ファクス番号:0476-22-4449

メールアドレス:kankei@city.narita.chiba.jp