• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2020年9月9日

印刷する

 大栄地区は児童数が減少傾向にあり、一部の学校が過小規模になると見込まれていることから、学校規模の適正化を図るため地区内小学校5校を統合するとともに、中学校との一体型校舎の建設を行っています。

【事業期間】
平成29年度から令和4年度(当初計画)

義務教育学校大栄みらい学園の開校について【校舎新築工事の完成時期が延びます】

 令和3年4月の開校を目標に校舎新築工事を行っていましたが、新型コロナウイルス感染症による影響を受け、工事の一時中止やその後の感染防止対策をしながらの工事となったことから、令和3年3月までの完成が難しい状況となってまいりました。
 このことから、令和3年4月1日の大栄みらい学園の開校については、当面の間、1年生から4年生までは津富浦小学校、5年生から9年生までは大栄中学校において、現在の校舎を使用しての教育活動を始める予定であり、児童用のスクールバスについても、当初の大栄みらい学園の開校を想定したバスルートを活用しての運行を検討しています。また、児童ホームについては、津富浦小学校の児童ホームと同校舎の一室を使用して運営することを検討しています。
 関係者の皆様におかれましては、急な変更が生じることにより、ご心配をお掛けいたしますが、早急にスクールバス等の課題を整理してまいりますので、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
 なお、新校舎の使用開始時期については、今後の自然災害や、さらなる新型コロナウイルス感染拡大などの影響がなければ、来年6月を目途としております。

検討事項については、その方針が決定次第、ホームページを更新いたします。

施設概要

所在地

成田市伊能125番地

施設概要

構造

鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)

階数

地上3階建

規模

延床面積:約14,300平方メートル

校舎部分

床面積:約10,800平方メートル(太陽光発電装置設置)
普通教室、管理諸室、各種特別教室、多目的室 他

体育館部分

床面積:約3,200平方メートル
大アリーナ、小アリーナ 他

児童ホーム部分

約300平方メートル

そのほか

低学年運動スペース、メイングラウンド、多目的グラウンド、テニスコート、駐輪場、バスロータリー、屋外倉庫、屋外トイレ

配置図と完成イメージ

スケジュール

関連リンク

このページの資料をご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ソフトウェアをお持ちでない方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを閲覧・印刷することができます。

このページに関するお問い合わせ先

教育部 学校施設課

電話番号:0476-20-1585

ファクス番号:0476-24-4326

メールアドレス:shisetsu@city.narita.chiba.jp