• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2019年1月11日

印刷する

学校におけるブロック塀の安全点検等について

教育委員会では学校施設のブロック塀の点検と対応を実施しています。

 平成30年6月18日に大阪府北部を震源とする地震により塀が倒壊したことを受け、成田市立の小学校、中学校、義務教育学校において、ブロック塀の安全点検を行ったところ、対応すべき箇所が見つかりました。市教育委員会では、早急にブロック塀の撤去や改修等を行ってまいります。

ブロック塀の点検に当たっての判断基準

  1. 高すぎないか(塀の高さは2.2メートル以下)
  2. 厚さは十分か(塀の厚さは10センチメートル(高さが2メートル超は15センチメートル)以上)
  3. 高さが1.2メートルを超える塀に控え壁があるか(塀の長さ3.4メートル以下ごとに、塀の高さ5分の1以上の控え壁を設ける)
  4. 基礎があるか
  5. 老朽化し亀裂が生じたり、傾き、ぐらつきなどが生じていないか

該当校

該当校の一覧表
学校名 該当箇所 対応
遠山小学校 校門脇(1.2メートル以上、控え壁なし) 撤去完了
遠山小学校 プール入口脇(1.2メートル以上、控え壁なし) 撤去完了
八生小学校 プール入口脇(1.2メートル以上、控え壁なし) 撤去完了
八生小学校 投てき板(老朽化) 撤去完了
橋賀台小学校 プール入口脇(2.2メートル以上) 撤去完了
新山小学校 プール入口脇(2.2メートル以上) 撤去完了
新山小学校 バックネット(控え壁不適切) 撤去完了
吾妻小学校 プール入口脇(2.2メートル以上) 撤去完了
吾妻中学校 ごみ置き場囲い(1.2メートル以上、控え壁不適切) 改修完了
このページに関するお問い合わせ先

教育部 学校施設課

電話番号:0476-20-1585

ファクス番号:0476-24-4326

メールアドレス:shisetsu@city.narita.chiba.jp