• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2014年8月7日

印刷する

 成田市では、平成12年3月に「成田市環境基本計画」を策定し、環境行政を進めてきました。
 しかしながら、めまぐるしく変わる昨今の環境動向を考慮し、平成18、19年度の2カ年で計画の見直しを行い、1市2町の合併後の新市における新たな環境施策の方向性を定めるとともに、「成田市環境基本条例」に定められている基本理念のもと、望ましい環境像、計画の基本方針や具体的な施策、また、市民・事業者・市が日常生活や事業活動の中で自主的に環境配慮をすすめるための指針などを定めた、新たな「成田市環境基本計画」を策定しました。

計画の位置付け

 成田市環境基本計画」は、「成田市環境基本条例」に基づき策定するもので、環境の保全及び創造に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図ることを目的としています。
 また、平成18年3月に策定された「成田市新総合計画」の目標とする3つの将来都市像を環境の面から実現しようとするものであり、環境に関する施策を体系的に整理し、総合的かつ計画的に展開するための基本計画として位置付けられます。

計画における環境の範囲

 本計画における環境の範囲は、本市の環境特性を考慮し、自然環境や生活環境の保全、快適環境の創造及び地球環境への配慮に関する4つの分野を対象にするとともに、環境学習や開発事業等における環境配慮など、環境と関連を持つ分野を対象とします。

自然環境

動物、植物、河川・池沼、農地・山林など

生活環境

大気、水質、地質、廃棄物、上・下水道など

快適環

景観、公園・緑地、歴史的文化的資源など

地球環境

資源・エネルギー、地球温暖化、オゾン層など
  • 計画における環境の範囲の図

計画の推進主体

 本計画が着実に実行され、その効果を発揮するためには、市民、事業者、行政の三者協働での推進が不可欠です。各推進主体の役割については以下のとおりです。

市民

 市民は、基本計画を十分に理解し、自らの生活がなるべく環境に影響を与えないように努めるとともに、地域環境の保全・創造などに取り組み、市の施策に積極的に協力します。

事業者

 事業者は、本計画を十分に理解し、自らの活動が環境にできるだけ影響を与えないように努めるとともに、環境配慮指針を順守し、市の施策に積極的に協力します。

 市は、施策を推進するにあたっては、環境への影響を配慮し、市民・事業者の意見を尊重して良好な環境の保全・創造に努めるとともに、率先して環境配慮指針に伴う行動を実践・公表していきます。
  • 計画の推進主体についての図

計画の期間

 本計画の目標期間は、平成20年度から平成29年度までの10年間とします。
 なお、5年を目途に見直しを行うとともに、社会経済状況、市民の意向、本市総合計画及び国・県などの関連計画の変化に伴い、必要に応じて計画の見直しを行います。

計画の構成

 本計画の構成は以下のとおりです。
 本市の環境の現状と課題を提示し、それらを踏まえて本市の望ましい環境像と基本目標を設定しました。
 そして、本市の望ましい環境像を実現するために、市として推進すべき取り組みを示すとともに、市民・事業者のみなさんの普段の生活や活動において配慮すべき指針についても示しています。
 その他、詳しい内容については本編をご覧ください。
  • 成田市環境基本計画の構成図

成田市環境基本計画

 PDF版については以下のリンクよりダウンロードできます。

 ファイル容量の都合上、PDF版については冊子版とデザインが異なります。
 冊子版は、行政資料室、図書館、各公民館でご覧になれます。また、残部がある限り、行政資料室及び環境計画課窓口において一般に配布も行っています。

このページの資料をご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ソフトウェアをお持ちでない方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを閲覧・印刷することができます。

このページに関するお問い合わせ先

環境部 環境計画課

電話番号:0476-20-1533

ファクス番号:0476-22-4449

メールアドレス:kankei@city.narita.chiba.jp