• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

更新日:2016年9月27日

印刷する

ワクチンについて

水痘

水痘とは

水痘(みずぼうそう)
 水痘-帯状疱疹ウイルスの空気感染、接触感染によっておこる病気です。感染力が強く5歳までに約80%の子供がかかるといわれています。潜伏期間は2週間程度で、発疹、発熱が主な症状です。発疹は最も特徴的で、顔面、胸腹部、頭部に次々に点々とあるいは集中的に現れ、発疹は紅斑(皮膚の表面が赤くなること)から始まり、水疱、膿疱(粘度のある液体が含まれる水疱)を経て痂皮化(かさぶたになること)して治癒するといわれています。一般に水疱の数は症状が出てから数日内に250個から500個以上に達します。発熱は通常38℃前後で2日から3日続きますが、40℃を超えることもあり、その際に熱性けいれんを合併することがあります。

水痘ワクチン

 弱毒化された水痘・帯状疱疹ウイルスを凍結乾燥させた生ワクチンです。予防効果は、通常80%から90%以上の抗体陽性率が認められており、水痘ワクチンの1回の接種により重症の水痘をほぼ100%予防でき、2回の接種により軽症の水痘も含めてその発症を予防できると考えられています。

副反応

 一定の頻度で見られる副反応については、過敏症(接種直後から翌日に発疹、蕁麻疹、紅斑、そう痒、発熱等)、局所症状(発赤、腫脹、硬結等)、全身症状(発熱、発疹)があらわれることがありますが、一過性で通常、数日中に消失するとされています。
 また、稀にみられる重い副反応としては、アナフィラキシー様症状(接種後30分以内に出現する呼吸困難等の重いアレルギー反応のこと)、急性血小板減少性紫斑病等があります。

日本脳炎

日本脳炎とは?

 日本脳炎ウイルスの感染でおこります。人に直接感染するのではなく、ブタ等の体内でウイルスが増えた後、そのブタを刺した蚊が人を刺すことによって感染します。人から人への感染はありません。
 7日から10日の潜伏期間後、高熱、頭痛、嘔吐、意識障がい、けいれんなどの症状を示す急性脳炎になります。
 日本脳炎の発生は西日本地域が中心ですが、ウイルスは日本全体に分布しています。

日本脳炎ワクチン

 平成21年6月から使用されている乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンは日本脳炎ウイルスを精製し、不活化したワクチンです。1期初回接種として6日以上(標準的には6日から28日まで)の間隔をあけて2回、その後6か月以上(標準的にはおおむね1年)の間隔をあけて追加接種を1回行います。2期の接種は9歳以上13歳未満で1回接種します。

副反応

 副反応の主なものは発熱、咳、鼻水、注射部位の発赤・腫れ、発しんで、これらの副反応のほとんどは接種3日後までにみられます。
 その他に、ショック、アナフィラキシー様症状(接種後30分以内に出現する呼吸困難等の重いアレルギー反応)、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)、脳炎、けいれん、急性血小板減少性紫斑病などの重大な副反応の発生がみられることがあります。

(注意)平成17年度から平成22年度の間、接種機会を逃した方々(特例対象者)の接種時期が緩和されました。
特例対象者:平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれ(4歳以上20歳未満)

 詳しくは、厚生労働省(日本脳炎ワクチン接種に関するQ&A)をご覧ください。

麻しん・風しん

麻しんとは?

麻しん(はしか)
 麻しんウイルスの空気感染によっておこる病気です。潜伏期間は1週間から2週間です。感染力が強く、予防接種を受けないと、ほとんどの人がかかる病気です。発熱、咳、鼻水、めやに、発しんを主症状とします。最初3日から4日間は38℃前後の熱で、一時おさまり、再び39℃から40℃の高熱と発しんが出ます。高熱は3日から4日で解熱し、次第に発しんも消失します。
 主な合併症としては、気管支炎、中耳炎、肺炎、脳炎があります。

風しんとは?

風しん(三日ばしか)
 風しんウイルスの飛沫感染によっておこる病気です。潜伏期間は2週間から3週間です。軽いかぜ症状で始まり、発しん、発熱、首や耳の下のリンパ節腫脹などを主な症状とします。そのほか目の充血もみられます。発しんも熱も約3日間で治るので「三日ばしか」とも呼ばれています。
 合併症として、関節痛、血小板減少性紫斑病、脳炎などが報告されています。また、妊婦が妊娠早期にかかると、先天性風しん症候群(先天性心疾患、白内障、難聴等)をもつ子どもが生まれる可能性が高くなります。

MRワクチン

MRワクチン(麻しん風しん混合ワクチン)
 麻しんウイルス及び風しんウイルスを弱毒化してつくった生ワクチンです。1歳から2歳の間に麻しん又は風しんにかかる可能性が高いので1歳になったらできるだけ早く1期のMRワクチンを受けましょう。MRワクチンも1回の接種で95%以上の子どもは免疫を得ることができますが、年数がたって免疫が下がってくることを防ぐ目的で、2回の接種が行われるようになりました。また、2期の接種は、小学校就学前の1年間(いわゆる幼稚園、保育園の年長児)が対象になります。
 輸血又はガンマグロブリン製剤の注射を受けたことのあるお子様の接種時期については、かかりつけ医と相談してください。

副反応

 主な副反応は発熱と発疹です。他の副反応としては、局所反応、じんましん、リンパ節腫脹、関節痛、熱性痙攣があります。極めてまれに、ショック、アナフィラキシー、血小板減少性紫斑病、脳炎、けいれんなどが生じる可能性があります。

子宮頸がん

 平成25年6月14日付けの厚生労働省からの通知により、現在、子宮頸がんワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。接種に当たっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。

子宮頸がんとは?

 ヒトパピローマウイルスは(HPV)は、人にとって特別なウイルスではなく、多くの人が感染しそしてその一部が発症します。100種類以上の遺伝子型があるHPVの中で、子宮頸がんの約50%から70%はHPV16型、HPV18型が原因とされています。HPVに感染しても、多くの場合ウイルスは自然に排除されますが、一部が数年から十数年かけて前がん病変の状態を経て子宮頸がんを発症します。このワクチンを接種しただけでは完全に子宮頸がんを予防できるわけではないため、併用して定期的にがん検診を受けることが必要です。

子宮頸がん(HPV)ワクチン

 子宮頸がんから最も多く検出されるHPV16型・18型に対する抗原を含む不活化ワクチンです。
 現在、2価(サーバリックス)と4価(ガーダシル)の2種類のワクチンがあり、4価ワクチン(ガーダシル)はHPV16型・18型の2種類以外に尖圭コンジローマの主要な原因となるHPV6型・11型に対する抗原を含みます。このワクチンは、性交渉前の女性に接種することでHPV感染を防ぐものです。すでに今、感染しているHPVを排除したり、子宮頸部の前がん病変やがん細胞を治す効果はありません。なお、このワクチンに含まれるウイルス自体には遺伝子が含まれないので、接種したことによる感染が起こることはありません。このワクチンは妊娠していることが明らかな場合は接種できません。
 接種方法は、2価ワクチン(サーバリックス)は、初回接種から1か月後に2回目、初回から6か月後に3回目を接種します。予定通り接種できない場合は、2回目の接種は1回目から1か月以上の間隔をあけて、3回目の接種は1回目の接種から5か月以上、かつ2回目の接種から2か月半以上の間隔をあけて接種します。
 4価ワクチン(ガーダシル)は、初回接種から2か月後に2回目、初回から6か月後に3回目を接種します。予定通り接種できない場合は、2回目の接種は初回接種から少なくとも1か月以上、3回目の接種は2回目の接種から少なくとも3か月以上間隔をあけて実施します。
 2種類のワクチンの互換性に関する安全性・有効性等のデータが存在しないため、同一のワクチンを3回続けて接種してください。

副反応

 ワクチン接種後、注射部位の痛み・発赤・腫れ等が高い頻度で現れます。他に、発熱、頭痛、胃腸症状等が現れることがあります。また血管迷走神経反射による失神が現れることがありますので、接種医療機関内で、なるべく立ち上がらないように座らせるなどして、接種後30分程度は様子を見てください。重い副反応としては、まれに、アナフィラキシー(血管浮腫・じんましん・呼吸困難など)、ギラン・バレー症候群、急性散在性脳脊髄炎等が現れることがあります。
このページに関するお問い合わせ先

健康こども部 健康増進課

電話番号:0476-27-1111

ファクス番号:0476-27-1114

メールアドレス:kenko@city.narita.chiba.jp