• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2016年7月27日

印刷する

 成田市の保健福祉推進の取組の指針として、平成27年度から平成32年度までの6カ年を計画期間とする新成田市総合保健福祉計画を策定しました。

計画の内容

  • 表紙
  • はじめに
  • 目次
  • 序 計画の策定にあたって
  • 第1部 成田市の保健・福祉に関する現況
  • 第2部 計画の基本理念・基本目標等
  • 第3部 住みなれた地域で安心して暮らせる交流の街を築くために
  • 第4部 計画の推進に向けて
  • 資料編

計画の概要

本計画策定の趣旨

 少子・高齢化の進行により、限りある財源・社会資源だけでの対応が困難な局面を迎えつつあるため、市民との協働による福祉のまちづくりに取り組み、保健・福祉関連施策を総合的かつ計画的に推進することを目的とします。

計画期間

 平成27年度から平成32年度までの6年間、平成21年3月に策定した「成田市総合保健福祉計画」を継承した計画となっています。

計画の位置付け

 本市における保健福祉の推進の目標・指針となるものであり、社会福祉法に基づく「地域福祉計画」、老人福祉法に基づく「老人福祉計画」、障害者基本法に基づく「障害者計画」として位置付けています。

計画の策定方法

 住民や保健・福祉関係者へのアンケート調査等を実施するとともに、保健・医療・福祉分野の関係者や一般公募2名を含む識見を有する者等により構成される「成田市保健福祉審議会」での調査審議、パブリックコメントによる意見募集を経て、策定しました。

計画の基本的な考え方

基本理念

住みなれた地域で安心して暮らせる交流(ふれあい)のまち成田

 健康づくりや日頃の生活を送るにあたっては、自分の努力による「自助」が根底のものとなりますが、人と人とがつながり、ともに支え合い、助け合うことが保健福祉施策の一層の充実にあたっては重要となります。
 本計画においても、市民、事業所や行政などの主体がふれあい、保健・医療・福祉などの他分野がふれあい、協力し合うことにより、本市の保健福祉施策のさらなる発展を目指すため、前計画に引続き、基本理念として設定することとしました。

基本目標

  • みんながふれあい支えあえるまちづくり
  • 社会参加と自立支援
  • 健康づくりとリハビリテーションの充実したまちづくり
  • きめ細やかなサービス提供

施策体系

横断的施策の推進

  • 総合的な相談体制と情報提供の仕組みづくり
  • 防災・防犯の仕組みづくり
  • 生活困窮者などの自立・就労支援
  • ユニバーサルデザインに配慮したまちづくり
  • 人材・事業所の育成・確保

地域福祉の推進

  • 支えあう地域づくり
  • 活動しやすい地域づくり

子ども子育て家庭の保健福祉の推進

  • 子どもの健康づくりと福祉の充実
  • 子どもがのびのび育つまちづくり
  • 子育て家庭への支援
  • 子育てと仕事の両立支援

成人・高齢者の保健福祉の推進

  • 健康づくりの推進
  • 生きがいづくりの推進
  • 安心して暮らせる環境づくり

障がいのある人の保健福祉の推進

  • 健やかで安心して暮らせる保険・医療の充実
  • 個性と可能性を伸ばす保育・教育・生涯学習の充実
  • 豊かな生活を支える福祉の充実

計画の全体像(体系図)

  • 成田市総合保健福祉計画の全体図

過年度の計画

このページの資料をご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ソフトウェアをお持ちでない方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを閲覧・印刷することができます。

このページに関するお問い合わせ先

福祉部 社会福祉課

電話番号:0476-20-1536

ファクス番号:0476-24-2367

メールアドレス:fukushi@city.narita.chiba.jp