• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2017年4月17日

印刷する

公共施設等総合管理計画とは

 公共施設等総合管理計画とは、それぞれの自治体が所有する公共建築物および道路や橋などのインフラ資産を含めた全ての公共施設等を対象として、現状や課題を整理し、その更新、統廃合、長寿命化等、管理に関する基本的な考え方を定めたもので、平成26年度、国から全ての地方公共団体に対して同計画の策定要請がありました。本市におきましても、行政需要に応じて順次整備してきた公共施設等が大量に更新時期を迎えるとともに、少子高齢化の到来による市民ニーズの変化にも計画的に対応する必要があることから、平成27年度から約2年をかけて策定しました。

成田市公共施設等総合管理計画 2017年3月 (全編)

成田市公共施設等総合管理計画 2017年3月 (分割版)

公共施設等総合管理計画策定に向けた取組み

委託業者の選定について

 「成田市公共施設等総合管理計画」の策定業務委託について公募型プロポーザルを実施しました。

市民の意向の把握について

公共施設に関する市民アンケートの実施

 「公共施設等総合管理計画」の策定にあたり、市民の方々の公共施設に対するニーズや、社会情勢が変化する中で、今後の公共施設のあり方を把握し、計画策定に反映させることを目的にアンケートを実施しました。アンケートにご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

【調査対象】
平成27年10月1日現在の住民基本台帳より、無作為に抽出した18歳以上の市民3,000人を対象に実施しました。

【調査期間】
平成27年11月27日(金曜日)(発送)から12月11日(金曜日)まで

ワークショップの実施

 まちづくりという視点から市の公共施設のあり方について、若い市民の方々のご意見や考え方を伺うことを目的にワークショップを開催しました。

開催日時
平成28年8月27日(土曜日)
午後1時30分から午後3時30分
主な内容
  1. 市政の説明
  2. ワークショップ
  3. 発表
参加人数
男性10名
女性15名
合計25名

(参加者は、住民基本台帳から18歳から39歳の2,600人を無作為抽出し案内状を送付。参加希望を頂いた方とそのご家族、ご友人にお越しいただきました。)

パブリックコメントの実施

 成田市公共施設等総合管理計画(素案)について、公表し意見を募集しました。

【閲覧期間】
平成28年12月16日(金曜日)から平成29年1月16日(月曜日)

【閲覧場所】
企画政策課(市役所3階)、行政資料室(市役所1階)、下総・大栄支所、各公民館、市立図書館、保健福祉館、三里塚コミュニティセンター、もりんぴあこうづ、赤坂ふれあいセンター

【意見を提出できる人】
市内在住・在勤・在学の人、市内に事業所などを有する人、利害関係者

成田市行政改革推進委員会への諮問

 計画について、策定過程において市民等から意見を募るため、さらには、本計画の策定・運用が成田市行政改革推進計画(平成28年度から平成30年度)において、「簡素で効率的・効果的な行政経営を目指す」量的な改革に位置づけられており、本市の行政改革の根幹を成す取り組みの一つであることから、同委員会へ諮問しました。

庁内研修会の開催

 市が所有する公共施設やインフラ資産をマネジメントして有効活用するという意識の醸成を図り、併せて公共施設等総合計画策定の参考とするため、職員を対象に講師をお迎えしての研修会を開催しました。

平成27年10月開催

講演:「公共施設等総合管理計画の意義とその活かし方について」
講師:一般社団法人建築保全センター 池澤龍三氏

平成28年5月開催

講演:「公共施設等総合管理計画策定後の展開~市民との合意形成と施設評価~」
講師:一般社団法人日本経営協会専任コンサルタント 川嶋幸夫氏

このページの資料をご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ソフトウェアをお持ちでない方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを閲覧・印刷することができます。

このページに関するお問い合わせ先

企画政策部 企画政策課

電話番号:0476-20-1500

ファクス番号:0476-24-1006

メールアドレス:kikaku@city.narita.chiba.jp