• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

更新日:2011年10月17日

印刷する

受益者負担金とは

 下水道の施設は公園や道路のように一般の公共施設とは違い、整備することによって利用できる人が限られています。このため下水道建設費を市税などの税金だけで賄うことにすると下水道を利用できない区域の人達にまで負担をかけることになります。これは、公平な負担に反することになります。そこで下水道建設費の一部を下水道整備によって利益を受ける人々に負担していただくことによって、より一層の整備促進をしようというのが都市計画法に基づく「受益者負担金」の制度です。そして、この受益者負担金の賦課は下水道工事が完了し、汚水の処理が可能になる区域内を対象にしており、対象区域の事業の進み具合に応じて賦課していくことになっています。

受益者になる人

 受益者負担金を納める人を「受益者」といいますが、原則として下水道処理区域内にある土地の所有者及び借地人、地上権など土地の利用権をもつ権利者です。借家人など土地に権利をもたない人は、受益者にはなりません。
  • 受益者になる人の例示の図

納める金額

 受益者負担金は、整備区域(負担区)や土地の広さによって異なりますので、下水道課窓口にお問い合わせ下さい。成田市では、負担区ごとの単位負担金(1平方メートルあたりの金額)に土地の面積を乗じて算定しております。

負担金総額=単位負担金×土地の面積

納める方法

分割の場合

 受益者負担金は総額を3年間に分割し、さらに1年を4期に分けて納めていただきます。

一括の場合

 一括で納付していただくと報奨金が交付されます。くわしくは下水道課までお願いします。

負担金の納付場所

 市役所会計室窓口又は市指定の金融機関で納付して下さい。

取扱金融機関(順不同)

以下の銀行の本支店
  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 住友信託銀行
  • 千葉銀行
  • 千葉興業銀行
  • 京葉銀行
  • 千葉信用金庫
  • 銚子信用金庫
  • 佐原信用金庫
  • 中央労働金庫
  • 成田市農業協同組合

負担金の猶予と減免

 受益者負担金は該当地が宅地及び宅地みなし地(駐車場等)に対しては全額を先に述べました方法で納付をお願いしますが、対象地が山林や田畑、又は公共性のある私道等の場合、又は受益者が生活扶助を受けている場合等一定の条件を満たすときは、一定期間徴収を猶予・減免する措置があります。
 くわしくは下水道課までお問い合わせください。
このページに関するお問い合わせ先

土木部 下水道課

電話番号:0476-20-1553

ファクス番号:0476-24-4354

メールアドレス:gesui@city.narita.chiba.jp