• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2017年4月6日

印刷する

指定学校変更・区域外就学について

 市立小中学校及び義務教育学校は、通学区域(学区)を定め、居住している住所地の学区の学校(指定学校)に通学することになっています。学校を自由に選択することはできません。
 しかし、具体的な事情があって学区以外の学校への通学を希望する場合、保護者の申立てにより指定学校変更や区域外就学が認められる場合があります。
 
  • 平成30年度は、成田中学校への、通学距離部活動を理由とした指定学校変更はできません。
  • 平成30年4月から新しく小学生になるお子さんの指定学校変更は、8月下旬にお送りする就学時健康診断の通知が届いたら、通知を持って学務課へ申し出てください。
  • 平成30年4月から新しく中学生になるお子さんの指定学校変更は、8月1日から受け付けます。
  • 平成30年4月から新しく中学生になるお子さんの、部活動を理由とした指定学校変更を希望する人は、9月15日から10月31日に学務課へ申し出てください。

指定学校変更とは

 成田市に住む児童生徒に対して、定められた通学区域(学区)以外の成田市立小中学校及び義務教育学校への通学を認める制度です。

区域外就学とは

 成田市外の市町村に住む児童生徒に対して、成田市立小中学校及び義務教育学校への通学を認める制度です。

許可の要件

 成田市教育委員会では、指定学校変更や区域外就学について、児童生徒の具体的な事情に則して相当と認めるときは、保護者の申立によりこれを認めることができるように学区審議会に諮り、許可の要件を定めています。許可の要件については以下の「小学校・中学校の指定学校変更・区域外就学について」をご確認ください。

 (注意)指定学校変更・区域外就学の要件は年度によって変更されることがあります。

必要な書類

  • 指定学校変更「指定学校変更申立書」
    (「学校の指定の関する規則」第4条別記第1号様式)
  • 区域外就学「区域外就学申請書」
    (「学校の指定に関する規則」第5条別記第3号様式)

添付書類について

  • 「項目3-(1)(2)」の場合の「建物建築または売買が確認できる書類」とは、建物工事請負契約書、建築確認通知書、建物売買契約書等をいいます。
  • 「項目5」の場合の「居住を証明するもの」とは、アパート等の契約書の写し、光熱費等の領収書等をいいます。
  • 「項目2-(1)」の必要書類:「就労証明書(両面印刷)」、「養育証明書(祖父母等)」、「養育証明書(勤務先)」
    (注意)養育証明書は祖父母等が養育する場合と勤務先で養育する場合では様式が異なります。
  • 区域外就学を申請する際は、「住民票」の提出が必要です。

そのほか

  • 入学後、年度途中で事由が発生して希望する場合や転入学の場合は、速やかに必要書類を提出して、教育委員会の承諾を受けてください。
  • 「項目8」「項目10」「項目11」については、保護者、学校、教育機関等と慎重な相談を行った後、承諾の可否を判断します。

 要件等の詳細については、学務課へお問合せください。

このページの資料をご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ソフトウェアをお持ちでない方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを閲覧・印刷することができます。

このページに関するお問い合わせ先

教育部 学務課

電話番号:0476-20-1581

ファクス番号:0476-24-4326

メールアドレス:gakumu@city.narita.chiba.jp