• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2016年12月28日

印刷する

 市は、公共工事の早期完成を図るため、新年度分の公共工事の契約や発注を前年度中に行う「ゼロ市債」を活用します。

ゼロ市債とは

 工事の発注については、市の単年度会計では、新年度予算が成立してからの入札・契約手続きとなるため、年度当初からの工事着工は難しく、閑散期が生じている状況にあります。そこで、施工時期等の平準化を図るため、単年度会計の例外である債務負担行為(注1)を設定し、新年度の工事等の入札・契約を前年度に行うことにより、前年度中あるいは新年度当初の工事着工を可能とするものです。債務負担行為を設定する年度には、前払金等の支出は無く(ゼロ)、翌年度以降の支出となることから、「ゼロ市債」と呼んでいます。
 
(注1)債務負担行為:将来にわたり債務を負担する行為で、翌年度以降に経費の支出を伴うものについて、議会の議決を経て設定する。

入札について

 通常の建設工事の発注と同様に、ちば電子調達システムによる公告、入札を行います。なお、ゼロ市債の案件については、工事名に(ゼロ市債)と明記します。

支払いについて

 ゼロ市債を活用した工事等の前払金及び部分払の請求時期は、翌年度4月1日以降となります。
このページに関するお問い合わせ先

総務部 契約検査課(工事検査室)

電話番号:0476-20-1515

ファクス番号:0476-24-1655

メールアドレス:keiyaku@city.narita.chiba.jp