• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

更新日:2011年10月17日

印刷する

  • 太巻き寿司(桃の花)の完成イメージ画像

材料

すしめし(白):300グラム
すしめし(桃):125グラム
のり(全形):1枚
のり(1/4):5枚
かんぴょう:5本
桜でんぶ:大さじ3(30グラム弱)
野沢菜:15グラム
チーズかまぼこ:2本(細)
  • 太巻き寿司(桃の花)の材料画像

作り方

1.はじめに花びら(細巻き)から作る

 4等分したのりを5枚用意する。桃色のすしめしを25グラムずつ、白色のすし飯も同様に15グラムずつに5等分する。
 細巻き用の巻きすに1/4ののりを置き、かんぴょう、桜でんぶ、桃色のすしめし、白色のすしめしの順にきれいに重ねる。
 巻きすごとタテ位置に持ち、すだれの中で転がすようにして細巻きをつくる。この時、のりの合わせ目は重ねず、少しすしめしが見えるようにする。同様に5本ののり巻きをつくる。
  • 桃色のすしめしを5等分にした様子
  • 1/4ののりの上にかんぴょう、桜でんぶをのせている様子
  • 桜でんぶの上に桃色のすしめしをのせた様子
  • 桃色のすしめしの上に白色のすしめしをのせた様子
  • 花びら(細巻き)を巻きすで巻いている様子
  • 5本目の花びら(細巻き)を作っている様子

2.桃の花を作る

 細い巻きすを用いて、花びらを組んで、芯の部分にチーズかまぼこを置き、花形をつくる。
 全体を軽く巻いて落ち着かせた後、花びらと花びらの間に、野沢菜を1本ずつ入れる。そのまま巻きすまたはラップ等で巻いて、仮巻きしておく。
  • チーズかまぼこを中心にして巻きすで花びらを組んでいる様子
  • 巻きすで巻いて花を作っている様子
  • 花びらと花びらの間に、野沢菜を1本ずつ入れている様子
  • 野沢菜を入れ終えた状態

3.桃の花を置き、具が崩れないように巻き上げる

 巻きすの上にのりを置き、すしめし200グラムを広げる。のりの両端は1.5センチメートルずつ余らせておく。
 巻きすごと向きをタテ位置に変え、すしめしのタテ中央に作っておいた花を置き、左右から巻きすごと巻き寄せる。残りのすしめしを補って全体の形を整え、巻きあげる。
  • のりの上にすしめしを広げている様子
  • 中央位置を菜箸で確認している様子
  • 中央に作っておいた花を置いた様子
  • 残りのすしめしを補いながら巻いている様子
  • きれいに切られた桃の花の太巻き寿司の断面画像
このページに関するお問い合わせ先

経済部 農政課

電話番号:0476-20-1541

ファクス番号:0476-24-2185

メールアドレス:nosei@city.narita.chiba.jp