• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2016年1月20日

印刷する

感震ブレーカーについて

 東日本大震災や阪神・淡路大震災では、地震に関連して発生した火災のうち、6割以上が電気を原因とする火災でした。
 特に地震の揺れにより落下・転倒した電気機器から出火した火災や、停電から電気が復旧した際に発生した火災が多く、これらの火災対策に有効とされている「感震ブレーカー」の設置が推奨されています。
  • 大規模地震時における火災の発生状況の円グラフ

感震ブレーカーとは

 感震ブレーカーは、地震の揺れを感知して、自動的に分電盤やコンセントの通電を遮断する機器の総称です。
 一般的な漏電ブレーカーとは異なり、地震などで揺れが発生したときにのみ作動します。

感震ブレーカーの種類

 現在、様々な種類の感震ブレーカーが流通しています。
 各機器の特徴をただしく理解し、ご家庭の状況にあった機器を設置することが重要です。
  • 感震ブレーカー 種類一覧の画像

分電盤タイプ(内臓型)

 分電盤に内蔵されたセンサーが、揺れを感知し、ブレーカーを落として電気を遮断。

価格:約5万円から8万円(標準的なもの)
工事:電気工事が必要

分電盤タイプ(後付型)

 分電盤に感震機能を外付けするタイプで、漏電ブレーカーが設置されている場合に設置可能。

価格:2万円
工事:電気工事が必要

コンセントタイプ

 コンセントに内蔵されたセンサーが揺れを感知し、コンセントから電気を遮断。

価格:約5,000円から2万円
工事:電気工事が必要なタイプと、コンセントに差し込むだけのタイプがある

簡易タイプ

 ばねの作動や重りの落下によりブレーカーを落として、電気を遮断。

価格:3,000円から4,000円程度
工事:電気工事が不要

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

消防本部 予防課

電話番号:0476-20-1591

ファクス番号:0476-24-4368

メールアドレス:yobo@city.narita.chiba.jp