• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2020年3月13日

印刷する

手作りマスクの作り方を以下のとおりご紹介します。
手作りマスクにはウイルスの感染を防ぐ効果はないため、あくまで咳エチケットの補助としてご活用ください。

手作りマスクの作り方

 マスク不足の折、使い捨てマスクの代用品として「キッチンペーパーで簡易マスク」の作り方を、警視庁警備部災害対策課がご紹介しています。

 こちらでは、警視庁災害対策課考案「キッチンペーパーで簡易マスク」の作り方を、写真と一緒にご紹介しています。また、より市販マスクに近づけるためのアレンジ方法や、ハンカチでの簡易マスクもご紹介します。

キッチンペーパーで簡易マスク

よく手を洗ってから作りましょう。

材料

キッチンペーパー1枚、ホッチキス、輪ゴム2個
  • キッチンペーパー1枚、ホッチキス、輪ゴム2個の画像

手順1

キッチンペーパーを切れ目に沿って破り、幅1.5センチメートルでじゃばら折りにする
  • キッチンペーパーを切れ目に沿って破り、幅1.5センチメートルでじゃばら折りにする画像

手順2

折ったキッチンペーパーの両端に輪ゴムを当てて、ホッチキスで止める
  • 折ったキッチンペーパーの両端に輪ゴムを当てて、ホッチキスで止める画像

手順3

折ったキッチンペーパーを広げ、両端の輪ゴムを耳にかける
  • 折ったキッチンペーパーを広げ、両端の輪ゴムを耳にかける画像

手順4

人によって顔の大きさが違うので、輪ゴムを止める位置で調整する
  • 人によって顔の大きさが違うので、輪ゴムを止める位置で調整する画像

より市販マスクに近づけるための「アレンジ方法」

材料

フェルトタイプのキッチンペーパー、両面テープ、ソフトゴム、メタリックタイ
  • フェルトタイプのキッチンペーパー(クッキングペーパー)を使うと、肌触りが良くなり、質感が近づくため目立ちにくくなります。
  • ソフトゴム(100円ショップ等で売っています)を使うと、輪ゴムよりも耳が痛くなりにくいです。使用済みマスクの紐の再利用でも代用できます。
  • フェルトタイプのキッチンペーパー、両面テープ、ソフトゴム、メタリックタイの画像

手順1

キッチンペーパーの上部に図のように両面テープを貼り、その上にメタリックタイを置き、折り返す。
これにより鼻の形に合わせやすくなります。
  • 両面テープを貼る画像
  • メタリックタイを置く画像

手順2

使い捨てマスクのように、少しずらしながら折っていく

手順3

左右に両面テープを貼る
  • 左右に両面テープを貼る画像

手順4

両面テープの隣に、図のようにソフトゴムを置き、ゴムを覆うように折り返す
このとき、ゴムは動くようにします
  • 両面テープの隣に、図のようにソフトゴムを置き、ゴムを覆うように折り返す画像
  • 両面テープの隣に、図のようにソフトゴムを置き、ゴムを覆うように折り返す全体画像

手順5

ゴムを耳に合わせて結び、完成
  • ゴムを耳に合わせて結び、完成

ハンカチでの簡易マスク

手順1

ハンカチを広げ、三つ折りにする
  • ハンカチを広げ、三つ折りにする画像

手順2

ソフトゴムやヘアゴムなどで輪っかを作る
  • ソフトゴムやヘアゴムなどで輪っかを作る画像

手順3

輪っかにハンカチを通し完成
  • 輪っかにハンカチを通す画像
  • 着用した画像

そのほか

家庭にある余った布を用いて、マスクを作成しました。
  • 布マスク着用した画像
  • 布マスク着用した画像

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

健康こども部 健康増進課

電話番号:0476-27-1111

ファクス番号:0476-27-1114

メールアドレス:kenko@city.narita.chiba.jp