• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2016年8月10日

印刷する

 農業経営基盤強化促進事業は、経営感覚に優れた「効率的かつ安定的な農業経営」を育成し、それらの農業経営が農業生産の相当部分を担うような農業構造の確立を目的とするもので、「農業経営基盤強化促進法」に基づく事業です。

農業経営基盤強化促進事業概要

 農業経営基盤強化促進事業は、次の4つの柱から成り立っています。
  1. 利用権設定等促進事業
    農用地の賃貸借や売買を進めます
  2. 農用地利用改善事業の実施を促進する事業
    地域で農業経営の改善を進めます
  3. 委託を受けて行う農作業の実施を促進する事業
    農作業受委託を進めます
  4. 農地利用集積円滑化事業の実施を促進する事業
    農地の集積を進めます

農用地の賃貸借や売買(利用権設定等促進)

 農地の賃貸借・売買には許可が必要です!

利用権設定等促進事業とは

 農地を貸したいという農家と農業経営規模の拡大を図りたいという認定農業者等との間に、安心して農地の貸し借りができる事業です。
 本来、農地の貸し借りをする場合には、農地法の許可が必要ですが、利用権設定等促進事業で貸し借りをする場合は農地法の許可が不要になりますので、簡単な申し込みで農地の貸し借りができます。

出し手(地主)のメリット

  • 農用地を売っても貸しても農地法の許可手続きが不要です。
  • 貸した農地は期限がくれば、離作料を支払うことなく、必ず返ってきます。継続して貸すこともできます。
  • 不在地主でも小作地が所有できるので安心です。
  • 農地を売った場合、譲渡所得について特別控除があります。

受け手のメリット

  • 農業経営規模の拡大、一体化が図られます。
  • 農用地を買っても借りても農地法の許可手続きが不要です。
  • 賃借期間中は安心して耕作ができます。利用権の再設定により、期間満了後も手続きをすれば継続して借りることができます。
  • 農地の売買の場合、当事者が請求すれば、市が所有権移転登記の手続きをしてくれます。また、不動産取得税、登録免許税が軽減されます。

地域で農業経営の改善(農用地の利用改善の促進)

特定農業団体とは

 平成15年9月に施行された農業経営基盤強化促進法の改正において、法人格をもたない任意組織としての集落営農組織のうち、経営主体として実体を有するもの(特定農業団体)について、同法上の農地の利用集積(農作業の受託)を行う担い手として位置づけられました。
 地域の農用地を面としてまとまって利用し、実質的には経営主体として機能している集落営農団体組織が対象で、農用地利用改善団体によって農地の利用集積を図る相手方として特定農用地利用規定に位置づけられた組織のことです。

特定農業団体の要件

  • 代表等が定められた定款または規約があること
  • 地区内の農業に係る業務を、生産から販売まで一元的に実施していること
  • 5年以内に法人化すること等を内容とする計画があること
 『特定農業団体』は、5年以内に農業生産法人になることが要件の一つとされており、その法人化の推進、支援が行われます。
 このように特定農業団体は、法人化することにより、効率的で安定的な農業経営へと発展することが期待されます。そして、『特定農業団体』が法人化した場合、簡素な手続き(届出)で『特定農業法人』になれることになりました。『特定農業法人』になれば、制度上大きなメリットが発生します。

特定農業団体のメリット

  1. 農地を利用集積(農作業受委託)する担い手に位置づけられます
  2. 法人化した場合、簡素な手続き(届出)で「特定農業法人」になれます
  3. 各種の補助・支援が受けられます

特定農業法人とは

 特定農業法人は、農業経営基盤強化促進法により創設された制度です。
 将来、農業の担い手が不足することが見込まれる地域で、地域内での話し合いでは農地の有効利用が図られない恐れがある場合に、関係者の合意のもとに農用地の農業的利用を確保していく主体(将来的な地域農業の担い手)として、特定農用地利用規定に位置づけられた農業生産法人のことです。

農作業受委託を進めます(農作業受委託等の促進)

  • 受け手は機械・施設の稼働率をアップできるなど実質的な規模拡大ができます
  • 出し手は機械・施設や労働力の負担軽減ができます

農地利用集積円滑化団体が農地の仲介等を進めます(農地利用集積円滑化事業の促進)

  • 信頼できる機関が所有者から農用地等の貸付け等の委任を受け認定農業者等に貸付けを行います。
このページに関するお問い合わせ先

経済部 農政課

電話番号:0476-20-1542

ファクス番号:0476-24-2185

メールアドレス:nosei@city.narita.chiba.jp