• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2023年9月14日

印刷する

令和5年5月8日から新型コロナウイルス感染症は、感染症法上の位置づけが「5類感染症」に変更されました。
5類感染症とは、重篤性などに基づく総合的な観点から、危険性が低いとされるもので、季節性インフルエンザ等の一般的な感染症が5類に分類されます。

これまでは、感染者数などを抑えるために、感染症法等に基づく入院勧告や外出自粛等といった行動制限など、様々な対策を講じられてきましたが、今後の体制は、基本的に季節性インフルエンザ等の他の感染症と同様になります。
また、感染防止対策は、個人や事業者の判断、自主的な取組が基本となります。

令和5年5月8日以降の対応について

基本的な感染対策について

基本的な感染対策については、今後、行政が一律に対応を求めることはなくなるため、個人や事業者の判断が基本となります。

療養等の考え方について

新型コロナ患者は法律に基づいた外出自粛は求められず、外出を控えるかどうかは個人の判断に委ねられます。

(1)自身が感染した場合
・発症後5日間を経過し、かつ、症状軽快から24時間経過するまでの間は外出を控えることが推奨されています。
・発症後10日間が経過するまでは、マスクの着用や高齢者等の重症化リスクが高い方との接触を控えることが推奨されています。

(2)家族等に感染者がいる場合
・感染者と同居している方は、7日目まではマスク着用や高齢者等の重症化リスクが高い方との接触を控えるなどの配慮をお願いします。
「濃厚接触者」として法律に基づく外出自粛は求められません。

詳細については、以下のリンクからご確認ください。

発熱などの症状が出た場合

医療機関を受診する場合

まずは、かかりつけの医療機関を受診してください。 かかりつけの医療機関がない場合や、かかりつけの医療機関で受診できない場合は、外来対応医療機関で受診してください。外来対応医療機関は以下のリンクからご確認いただけます。

検査キット(「体外診断用医薬品」または「第1類医薬品」の表示があるもの)で自ら検査して、陽性判定が出た場合

重症化リスクの高い方(高齢者、基礎疾患がある方、妊婦など)や症状が重いなど受診を希望する場合は、早めに医療機関に相談・受診をしましょう。
症状が軽ければ、自宅等で療養を開始しましょう。

医療費の自己負担

外来医療費
医療費は保険診療(自己負担あり)となります。(コロナの治療薬等一部公費支援あり)

入院医療費
医療費は保険診療、食事代は自己負担となります。

詳細については以下のリンクからご確認ください。

千葉県新型コロナウイルス感染症相談センター

発熱などの心配な症状が出たときに、どこで受診したらいいか分からない場合の受診先や自宅療養中に症状が重くなったときなどの相談に対応しています。
〈問い合わせ先〉 0570-200-139
土日、祝日含む24時間対応
(注意)「千葉県発熱相談コールセンター」と「千葉県自宅療養者フォローアップセンター」は5月7日をもって終了しました。

感染状況について

定点医療機関による感染動向把握に移行するため、今後の感染者の発生状況は、週1回、県衛生研究所(感染症情報センター)のホームぺージで公表されます。

このページの資料をご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ソフトウェアをお持ちでない方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを閲覧・印刷することができます。

このページに関するお問い合わせ先

健康こども部 健康増進課

所在地:〒286-0017 千葉県成田市赤坂1丁目3番地1(保健福祉館内)

電話番号:0476-27-1111

ファクス番号:0476-27-1114

メールアドレス:kenko@city.narita.chiba.jp