• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2017年8月2日

印刷する

就業構造基本調査とは

 就業構造基本調査(5年ごと実施)は、正規・非正規雇用者の就業状況の違いや高齢層・若年層の就業状況、育児・介護と就業の関係などについて調査し、その結果は雇用政策や経済政策などの企画・立案のための基礎資料として活用されます。

  • 就業構造基本調査ロゴ

調査の概要

調査期日

 平成29年10月1日期日で実施します。

調査の地域

 成田市内は、総務大臣の指定する19の調査区で実施します。

 調査対象地域は、
 花崎町、土屋、囲護台、江弁須、並木町、宗吾3丁目、公津の杜5丁目、下福田、大室、
 大清水、新駒井野、西三里塚、吾妻2丁目、加良部6丁目、玉造2丁目、中台4丁目、
 滑川、地蔵原新田、前林
 の19地域です。
 実際の調査が行われるのは、地域内の一部です。

 

調査のながれ、方法

  1. 8月下旬頃から、調査対象地域にお住まいのすべての世帯を調査員が訪問し、お知らせのリーフレットを配布します。また、地域の確認をさせていただきます。
  2. 9月下旬に、調査対象に選ばれた一部の世帯を調査員が再度訪問し、調査書類を配布しますので、調査票の記入をお願いします。
    より便利にご回答いただくため、今回の調査よりパソコンやスマートフォンを使ったインターネットでの回答も可能となります。
  3. 10月10日以降に調査員がインターネット回答以外の世帯に調査票を回収に伺います。
 

調査員について

 就業構造基本調査の調査員は、千葉県知事により任命された非常勤の地方公務員です 。
 調査員は必ず写真入りの「調査員証」を携行しています。
 「調査員証」には「千葉県知事 鈴木栄治」と表記されています。知事名については、「森田健作」ではなく、本名である「鈴木栄治」を使用しています。

調査へのご理解とご協力をお願いします

 調査の結果は、平成30年7月以降、総務省統計局により、集計が完了したものから順次インターネットへの掲載や報告書の刊行などにより公表されます。
  • 就業構造基本調査ロゴを指し示しているスーツの男性と女性の画像

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

総務部 行政管理課

電話番号:0476-20-1501

ファクス番号:0476-24-1655

メールアドレス:gyosei@city.narita.chiba.jp