• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2016年6月19日

印刷する

制度概要

 在外選挙制度は、日本国外に居住する日本人に国政選挙の選挙権の行使の機会を保障するため創設された制度です。
 在外選挙を行うためには、在外選挙人名簿への登録が必要です。

 くわしくは、総務省ホームページや外務省ホームページをご覧いただくか、都道府県・市区町村の選挙管理委員会又は日本大使館や総領事館にお問い合わせください。

登録資格

 在外選挙人名簿に登録されることができる人は、満18歳以上の日本国籍をもつ人で、お住まいの住所を管轄する日本大使館や総領事館の管轄区域内に引き続き3カ月以上住んでいる人(欠格事項に該当する人を除く。)です。
 引き続き3カ月以上住んでいなくでも申請をすることができますが、その場合には、引き続き3カ月以上住んでいたことを確認した後で、登録の手続が開始されます。

申請書の提出方法

 申請者本人又は申請者の同居家族等が、直接、お住まいの住所を管轄する日本大使館や総領事館の領事窓口に申請してください。
 申請書は、日本大使館や総領事館にあります。また、総務省ホームページから入手することができます。
 申請には、旅券、日本大使館や総領事館の選挙管轄区域内に3カ月以上居住していることを確認できる書類等が必要となります。
 なお、受付時間は、日本大使館や総領事館によって異なりますので、ご確認ください。

在外選挙人名簿への登録及び在外選挙人証の交付

 在外選挙人名簿の登録は、原則として日本国内の最終住所地の市区町村となります。登録が済みますと、登録された市区町村の選挙管理委員会から在外選挙人証が交付されます。
 在外選挙人証の記載事項に変更が生じたときは、変更のあった事項を証明する書類に在外選挙人証を添えて、変更の手続を行う必要があります。
 在外選挙人名簿に登録されている人が亡くなった場合、日本国籍を失った場合、帰国して国内の市区町村で住民票が作成されてから4カ月を経過した場合などには、その登録は、抹消されます。この場合には、登録されていた市区町村の選挙管理委員会に在外選挙人証を返却してください。

在外選挙の対象となる選挙・選挙区

 在外選挙の対象となる選挙は、衆議院議員及び参議院議員の選挙です。
 また、選挙ができる選挙区は、登録された市区町村の属する選挙区となります。

在外選挙の投票方法

在外公館投票

 在外選挙人名簿に登録されている人が、直接、日本大使館や総領事館に出向き、在外選挙人証と旅券等の身分証明書を提示して投票する方法です。
 投票期間は選挙の公示日の翌日から投票場所ごとに定められた締切日まで、投票時間は原則的に現地時間の午前9時30分から午後5時までですが、実際に投票できる期間や時間については、投票場所ごとに異なることがありますので、日本大使館や総領事館にお問い合せください。

郵便等投票

 登録先の選挙管理委員会に対して、在外選挙人証と投票用紙等請求書を送付し、投票用紙等の交付請求を行い、入手後に投票用紙に記載の上、再び登録先の選挙管理委員会に送り返す方法です。

日本国内における投票

 一時帰国等により、国内で投票する場合は、在外選挙人証を提示して、期日前投票、不在者投票又は投票所における投票ができます。

 くわしくは、総務省ホームページや外務省ホームページをご覧いただくか、都道府県・市区町村の選挙管理委員会又は日本大使館や総領事館にお問い合わせください。
このページに関するお問い合わせ先

選挙管理委員会事務局

電話番号:0476-22-1111(内線)3151または3152

ファクス番号:0476-24-1655

メールアドレス:senkan@city.narita.chiba.jp