• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2015年5月29日

印刷する

成田ブランド構築事業について

 平成21年10月、当時の前原国土交通大臣による羽田空港の24時間国際ハブ空港化発言により、世論の羽田国際化への期待が高まる一方で、成田国際空港の「遠い、不便」といったマイナスイメージがクローズアップされる結果となりました。
 このようなマイナスイメージを払しょくするため、幅広い分野の有識者による「成田空港成長戦略会議」が立ち上がり、空港と地域の魅力アップに向けた議論が始まりました。
 その結果、攻めの魅力向上・戦略的情報発信で世論を変えていくために、外部マーケットの目から成田の既存資源の棚卸しと、新しい成田の魅力開発を徹底的に行い、空港・地域が一体化した新たな「成田ブランド」の構築に早急に着手すべきとの提言がなされ、平成22年度から「成田ブランド構築事業」がスタートしました。

平成22年度

成田ブランド構築事業の開始

 成田空港成長戦略会議の提言を受け、空港と地域が一体化した新たな魅力を開発し、継続的な情報発信により「成田ブランド」の構築を目指す。

成田ロケーションサービス設立

 成田ならではのロケーションを活用した、地域の活性化と成田のイメージアップ、またはロケ地などを新たな観光スポットとして活用し、観光誘客の強化を図ることを目的として、成田ロケーションサービスを設立した。
 成田ロケーションサービスでは、ロケ撮影に関する各種支援を実施している。
撮影支援の内容
  1. ロケ撮影地について紹介・情報提供
  2. ロケ撮影についての許可申請の情報提供
  3. 市内の公共施設での撮影に関するご相談、撮影許可申請の調整
  4. その他撮影に関する各種相談

平成23年度

成田ブランド推進プロジェクトチームの結成

  1. ロケ誘致
  2. グルメ開発(成田ソラあんぱんの開発スタート)
  3. 情報発信の3点を柱にプロジェクトを推進

成田ブランドスタートアップフォーラム開催

 成田ブランド事業推進の「核」づくりを考え、地域住民の意識の向上と一体感を構築し、成田ブランド発足のキックオフイベントとしてシンポジウムを開催。

ソラからジェシカ完成上映会

 成田を舞台に撮影され、沖縄国際映画祭にも出品した「ソラからジェシカ」の完成上映会を成田山表参道にて開催。

食のクールジャパンへの参画

 成田ソラあんぱんの開発に関する取り組みが経済産業省から評価され、ファッション・デザイン・食などの日本文化を海外に売り込む「クールジャパン戦略」の「海外展開プロジェクト」の1つである「食のクールジャパン」に参画。(2012年2月に米国ロサンゼルスで開催)
  • たくさん並べられた、成田ソラあんぱんの画像

平成24年度

成田ソラあんぱん

 ご当地スイーツとして開発された「成田ソラあんぱん」として、3事業者4種類のあんぱんが認証される。

ロケ誘致促進協議会の設立

 「ロケの街成田」というブランドを全国に向けて発信するため、ロケ地誘致活動及び市内全域におけるロケ受け入れ体制の整備を図り、機関相互の連携と協調体制を整えることを目的に成田ロケ誘致促進協議会を設立。

ローソンオリジナルの成田ソラあんぱんの販売開始

 関東甲信越のローソン店舗で、成田市産のブランドさつまいも「大栄愛娘」を使用した成田ソラあんぱん2種類を期間限定で販売した。
 それぞれ4週間ずつの販売で、約91,000個の販売数を記録した。

連続ドラマ「あぽやん~走る国際空港」の放送開始

 念願であった「成田」を舞台とする連続ドラマ「あぽやん~走る国際空港」の制作が実現した。

成田空港成長戦略会議最終とりまとめ

 成田山新勝寺、宗吾霊堂やこれらの門前町のご利益、運気が上がるといったイメージと、成田空港から勢いよく飛行機が上昇するイメージを一体化させた「運気上昇のまち成田」をコンセプトに、情報発信・グルメ開発・ロケ地観光・回遊性の創出とういった成田の魅力を向上するための取り組みや、「日本最後の思い出づくり」をコンセプトに、訪日外国人の来成促進に取り組み、観光客誘致や域内消費の拡大を目指していくこととなった。

3か年事業の総括

 市内外に向けた情報発信を最重要課題として、ロケ誘致やグルメ開発といった新たな取り組みを実証的に実施した結果、3か年で新聞報道が117件、インターネット配信記事が49件、テレビニュース放映等が25件、ラジオ放送が6件、雑誌等掲載が7件となった。
 以上のことから、ロケ誘致や成田ソラあんぱんの開発といった新たな話題を作り、メディア露出により成田をプロモーションする仕組みづくりとしては、一定の成果があったものと考えます。
 
 平成25年度からは「成田ブランド」の構築から推進へ向けて、事業を展開していきたいと考えております。

このページの資料をご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ソフトウェアをお持ちでない方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを閲覧・印刷することができます。

このページに関するお問い合わせ先

シティプロモーション部 観光プロモーション課(成田ブランド推進室)

電話番号:0476-20-1540

ファクス番号:0476-24-2185

メールアドレス:kanpro@city.narita.chiba.jp