• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2017年4月1日

印刷する

 1990年 「姉妹都市宣言書」に調印しました、サンブルーノ市についてご紹介します。

サンブルーノ市ってどんなところ?

 サンブルーノ市は、アメリカ西海岸サンフランシスコ半島の東側の湾に面し、カリフォルニア州の大都市サンフランシスコの南約20キロメートルのところに位置する住宅都市です。
  • サンブルーノ市の位置を表した地図

人口

約4万人

総面積

約16.5平方キロメートル

空港と住宅のまち

 サンブルーノ市の東隣には、アメリカ太平洋岸の空の玄関であるサンフランシスコ国際空港が位置し、市街地から車で5分という至近距離にあります。住民の大半はサンフランシスコへの通勤者です。
 サンブルーノ市の地名は、11世紀のカルトジオ修道会の聖職者であるセイント(聖)ブルーノに由来します。
 1848年、西海岸で金が発見されたため、サンブルーノもゴールドラッシュにより発展します。1914年に市制を施行し、サンフランシスコ市とともに発展を遂げてきました。
  • サンブルーノ市の市街地の写真

快適な気候と“坂”のまち

 夏は涼しく冬は暖かい典型的な地中海気候。年間降水量は日本の約4分の1で一年中カラッとしています。年間の温度差が小さいかわりに1日の温度差は大きく、“霧のサンフランシスコ”同様、湾の海面から市街地に上がってくる名物の朝霧も、夜の冷え込みによって発生しています。
 地形はサンタクルーズ山脈にかかる丘陵地帯から東に向かって緩やかに下る坂の町で、高台から見ると住宅地の向こうに空港があり、その先に青い海が広がっているという、眺望の良いところです。
  • サンブルーノ市の坂のあるまちなみの写真

サンブルーノ市と成田市の交流

交流経過

成田市とサンブルーノ市の交流経過年表
年月 内容
1985年5月 市内中学生がサンブルーノ市を訪問
1990年10月 姉妹都市締結
1991年7月 サンブルーノ市の中学生が成田市を訪問
(以来、毎年相互に訪問)
1994年3月 市内高校生がサンブルーノ市を訪問
(96年まで3回実施)
2000年10月 姉妹都市締結10周年
市民訪問団がサンブルーノ市を訪問
2010年8月 姉妹都市締結20周年
市民訪問団がサンブルーノ市を訪問
 共に国空港を擁するという共通点から交流が始まり、1990年10月6日に姉妹都市を締結しました。
 2000年10月には姉妹都市締結10周年を迎えました。サンブルーノ市長が成田市を訪問し、記念式典や記念植樹が行われたほか、市民の皆さんと一緒に市民運動会に参加したりもしました。
 成田市からも市民訪問団がサンブルーノ市を訪れ、各種記念行事に参加して、サンブルーノ市民との友好を深め合いました。

中学生のホームステイ交流

 1985年から毎年1回の中学生のホームステイ交流を続けています。

 毎年祇園祭りの時期に合わせてサンブルーノ市のパークサイド中学校の生徒が成田市を訪れます。生徒たちは、市内の家庭にホームステイをしたり、日本の学校生活を体験したり、祇園祭の山車引きに参加したりして、日本の夏を楽しんでいます。

 春休みには成田市内の中学生をサンブルーノ市へ派遣しています。中学生たちはホームステイをしながら、パークサイド中学校の授業に参加したり、メジャーリーグを観戦したりと、アメリカの文化を体いっぱいに体験してきています。
  • 祇園祭の山車引きに参加する留学生の様子
  • テーマパークで留学生が記念撮影をする様子
  • サンブルーノ市で派遣した成田市の中学生と現地の方々で記念撮影をする様子

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

シティプロモーション部 文化国際課

電話番号:0476-20-1534

ファクス番号:0476-22-4494

メールアドレス:bunkoku@city.narita.chiba.jp