• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2011年10月17日

印刷する

業務について

 指定確認検査機関へ申請する場合は、指定確認検査機関へお問い合わせください。
 成田市は限定特定行政庁として、建築基準法第6条第1項第4号の審査等の業務を行っています。(県で審査を行うものであっても市が受付窓口となります。)

受付時間:午前8時30分から午後5時
(銀行窓口等で手数料納付手続きが必要ですので余裕をもってお越しください)

確認申請書添付図書について

都市計画法関係(確認申請以前に手続きが必要なもの)

 「都市計画法第53条に関する申告書」・「開発行為等に関する申告書」を都市計画課(5階)に提出。
 申告書の受付票で建築確認申請受付可

確認申請図書

  • 委任状
  • 建築計画概要書 1部
  • 建築工事届 1部
  • 建築確認申請書 正本1部、副本1部(注1)
  • 浄化槽概要書及び必要図書(浄化槽設置者のみ)
  • 工場調書(工場の用途の建築物のみ)
  • 防音構造申告書(騒特法・防止地区のみ)(注2)

(注1)建築確認申請書について

  • 消防同意が必要な建築物については正本1部、副本2部
  • 構造計算適合性判定が必要な建築物については正本1部、副本3部
  • 確認申請手数料は、正本の裏面に所定の納付書を添付。(県で審査を行うものについては県証紙を添付)
    (注意)建物の用途・規模により審査する機関が異なりますので受付時に確認してください
  • 地名地番は、登記薄上のものを記入してください。区画整理地内については、区画整理の名称・街区番号(仮地番)を併記してください。
    ただし、換地前は登記薄上の地番の場合に従前地の場合がありますので、底地番(建築する場所の地番)を併記してください。

(注2)防音構造申告書について

 防止特別地区で許可された場合は、許可証の写しを正本に、原本を副本に添付してください。
 防止地区においては、防音構造の内容について防音構造申告書に記入し、設計者の記名捺印の上、正本・副本にそれぞれ添付してください

申請図面(建築士の設計に係るもの)

  • 案内図(付近見取図)
  • 配置図
  • 各階平面図
 建築基準法施行規則第1条の3をご確認ください。

確認申請書に係る事前相談について

 仮預かり審査は、平成21年6月30日をもって終了しましたが、申請に関する事前相談を受付けています。
 希望の方は、建築住宅課までお問合せ下さい。
このページに関するお問い合わせ先

土木部 建築住宅課

電話番号:0476-20-1564

ファクス番号:0476-24-4354

メールアドレス:kenchiku@city.narita.chiba.jp