• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2016年9月27日

印刷する

利用について

 成田市リサイクルプラザへの直接搬入(ペットボトル、プラスチック製容器包装、ビン・カン、金物・陶磁器・ガラス類、有害ごみ、紙類、衣類・布類)は、次の時間帯にお願いします。

搬入時間:午前8時30分から正午、午後1時から午後4時30分(日曜日は休み

(注意事項)
  • 計量作業などに時間がかかるので、余裕を持ってお越しください。また、多量のごみを搬入する場合には、事前に連絡をしてください。
  • 事業所から発生したプラスチック製容器包装及びペットボトルは自己搬入できませんので、市内収集運搬許可業者に依頼をしてください。
  • 成田市リサイクルプラザイメージ画像

施設概要

所在地

成田市小泉344-1(野毛平工業団地奥)
電話番号:0476-36-1000

開設

平成10年4月1日

敷地面積

7,800平方メートル

粗大ごみ処理施設棟

【建築構造】
鉄筋コンクリート及び鉄骨造3階建て

【建築面積】
1,516平方メートル

【延床面積】
2,885平方メートル

【処理能力】
40t/5h
不燃ごみ・不燃性粗大ごみ処理系:24t/5h
ビン・カン処理系:16t/5h

不用品再生施設棟

【建築構造】
鉄筋コンクリート造3階建て

【建築面積】
369平方メートル

【延床面積】
1,013平方メートル

【設置室】
学習研修室、活動室、再生室、ストックスペース、情報コーナー、展示ホール

貯留棟

【建築構造】
鉄筋コンクリート及び鉄骨造2階建て

【建築面積】
197平方メートル

【延床面積】
361平方メートル

【設備】
PETボトル減容機(処理能力:430キログラム以下)
圧縮物等の貯留設備

ごみ処理の実績

リサイクルプラザ処理量

リサイクルプラザ処理量の表
区分 21年度 22年度 23年度 24年度 25年度 26年度 27年度
資源物(スチール缶プレス) 259.7トン 247.9トン 238トン 276.5トン 233.1トン 229.9トン 194.1トン
資源物(アルミ缶プレス) 219.2トン 223.2トン 225.5トン 215.1トン 255.8トン 252.8トン 257.1トン
資源物(生きビン) 15トン 14.5トン 11.1トン 9トン 10.1トン 7.8トン 10.5トン
資源物(カレット) 818.8トン 791トン 753.2トン 534.8トン 856.5トン 949.7トン 871.6トン
資源物(鉄くず) 531.5トン 521.8トン 506.5トン 550.7トン 552トン 527.7トン 533.7トン
資源物(そのほかの資源) 86.2トン 83トン 89.7トン 90.3トン 88.8トン 95.8トン 102.6トン
資源物(紙類、衣類・布類) 29.5トン 90トン 101.7トン 130.2トン
資源物(小計) 1930.4トン 1881.4トン 1824トン 1705.9トン 2086.3トン 2165.4トン 2099.8トン
水分・そのほか 188.6トン 159.4トン 126トン
廃乾電池・廃蛍光灯 56.2トン 59.1トン 56.7トン 53.8トン 60.5トン 56.1トン 57.3トン
使い捨てライター 3.7トン 2.0トン
小型家電 14.8トン
ガラス・陶磁器類 140.2トン
可燃残さ(焼却、溶融) 623.4トン 653トン 658.8トン 678.2トン 521.1トン 514.8トン 542.5トン
不燃残さ 550.5トン 601.2トン 672.2トン 649.7トン 630.1トン 565.5トン 389.2トン
合計 3349.1トン 3354.1トン 3337.7トン 3087.6トン 3298.0トン 3305.5トン 3245.8トン
  • 乾電池、蛍光灯、使い捨てライター、ガラス・陶磁器類:成田市リサイクルプラザで一時保管後、リサイクル会社に処理を委託しています。
  • 小型家電:成田市リサイクルプラザで一時保管後、リサイクル会社に売却しています。
  • 可燃残さ・不燃残さ:破砕し、有価物を選別した後のごみ。可燃残さは成田富里いずみ清掃工場にて溶融処理しています。
このページに関するお問い合わせ先

環境部 クリーン推進課

電話番号:0476-20-1530

ファクス番号:0476-22-4449

メールアドレス:clean@city.narita.chiba.jp