• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

更新日:2017年3月24日

印刷する

納める人

 軽自動車税を納める人は、賦課期日となる毎年4月1日現在で、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車、二輪の小型自動車をお持ちの方です。

納める方法・時期

 成田市では、毎年5月15日頃に納税通知書を発送しますので、納期限の5月31日(5月31日が土曜日・日曜日の場合は次の月曜日)までに、取扱金融機関にて納付します。口座振替の方は納期限日に口座より引き落としとなります。
(注意)市区町村によって納期が異なりますのでご注意下さい。

軽自動車税の税率

 軽自動車税の税率は次のとおりです。
 なお、年の途中で軽自動車を登録した場合の月割による課税及び、廃車した場合の月割による還付はありません。

原動機付自転車

原動機付自転車の軽自動車税表
車種区分 平成27年度まで 平成28年度以降
排気量50cc以下
(定格出力0.6キロワット以下)
1,000円 2,000円
50cc超90cc以下
(定格出力0.6キロワット超0.8キロワット以下)
1,200円 2,000円
90cc超125cc以下
(定格出力0.8キロワット超1.0キロワット以下)
1,600円 2,400円
ミニカー 2,500円 3,700円

二輪の軽自動車(125cc超250cc以下)

平成27年度まで:2,400円
平成28年度以降:3,600円

二輪の小型自動車(250cc超)

平成27年度まで:4,000円
平成28年度以降:6,000円

小型特殊自動車

小型特殊自動車の軽自動車税表
車種区分 平成27年度まで 平成28年度以降
農耕作業用 1,600円 2,400円
そのほか 4,700円 5,900円

四輪以上の軽自動車

 税率の区分は以下の通りです。

  • 旧税率(以下の税率の適用を受けるもの以外)
  • 新税率(平成27年4月初度検査分から)
  • 重課税率(初度検査から13年経過した車両に適用)
小型特殊自動車の軽自動車税表
車種区分 旧税率
(右の税率の適用を受けるもの以外)
新税率
(平成27年4月初度検査分から)
重課税率
(初度検査から13年経過した車両に適用)
乗用(自家用) 7,200円 10,800円 12,900円
乗用(営業用) 5,500円 6,900円 8,200円
貨物用(自家用) 4,000円 5,000円 6,000円
貨物用(営業用) 3,000円 3,800円 4,500円

三輪の軽自動車

旧税率:3,100円
新税率:3,900円
重課税率:4,600円

グリーン化特例(平成28年度)

 平成27年4月1日から平成28年3月31日までに初度検査を受けた三輪以上の軽自動車で、環境性能が優れている車両について、平成28年度分の軽自動車税に限り、次のような区分で軽課税率が適用されます。
  1. 電気自動車および天然ガス自動車(注1)
  2. 平成32年度燃費基準+20%以上達成の乗用車(注2)(貨物車は平成27年度燃費基準+35%以上達成の車両)
  3. 平成32年度燃費基準以上達成の乗用車(注2)(貨物車は平成27年度燃費基準+15%以上達成の車両)
(注1)天然ガス自動車はポスト新長期規制から窒素化合物10%低減車
(注2)平成17年排ガス基準75%低減達成車に限る。

 各燃費基準の達成状況は、車検証の備考欄に記載されています。

四輪以上の軽自動車

 軽課税率の区分は以下の振り分けで適用されます。

  1. 電気自動車および天然ガス自動車
  2. 平成32年度燃費基準+20%以上達成の乗用車(貨物車は平成27年度燃費基準+35%以上達成の車両)
  3. 平成32年度燃費基準以上達成の乗用車(貨物車は平成27年度燃費基準+15%以上達成の車両)
四輪以上の軽自動車の軽課税率表(平成28年度分の軽自動車税)
車種区分 (1) (2) (3)
乗用(自家用) 2,700円 5,400円 8,100円
乗用(営業用) 1,800円 3,500円 5,200円
貨物用(自家用) 1,300円 2,500円 3,800円
貨物用(営業用) 1,000円 1,900円 2,900円

三輪の軽自動車

【電気自動車および天然ガス自動車】
1,000円

【平成32年度燃費基準+20%以上達成の乗用車(貨物車は平成27年度燃費基準+5%以上達成の車両)】
2,000円

【平成32年度燃費基準以上達成の乗用車(貨物車は平成27年度燃費基準+15%以上達成の車両)】
3,000円

グリーン化特例の延長(平成29年度)

 平成28年度より導入されたグリーン化特例について、特例措置が1年間延長になりました。
 平成28年4月1日から平成29年3月31日までに初度検査を受けた車両で、環境性能が優れている車両について、平成29年度分の軽自動車税に限り、次のような区分で軽課税率が適用されます。
  1. 電気自動車および天然ガス自動車(注1)
  2. 平成32年度燃費基準+20%以上達成の乗用車(注2)(貨物車は平成27年度燃費基準+35%以上達成の車両)
  3. 平成32年度燃費基準以上達成の乗用車(注2)(貨物車は平成27年度燃費基準+15%以上達成の車両)
(注1)天然ガス自動車はポスト新長期規制から窒素化合物10%低減車
(注2)平成17年排ガス基準75%低減達成車に限る。

 各燃費基準の達成状況は、車検証の備考欄に記載されています。
 今後の税制改正により、平成30年度についても平成29年4月1日から平成30年3月31日までに初度検査を受けた車両に同様の措置が導入される可能性があります。

四輪以上の軽自動車

 軽課税率の区分は以下の振り分けで適用されます。
  1. 電気自動車および天然ガス自動車
  2. 平成32年度燃費基準+20%以上達成の乗用車(貨物車は平成27年度燃費基準+35%以上達成の車両)
  3. 平成32年度燃費基準以上達成の乗用車(貨物車は平成27年度燃費基準+15%以上達成の車両)
四輪以上の軽自動車の軽課税率表(平成29年度分の軽自動車税)
車種区分 (1) (2) (3)
乗用(自家用) 2,700円 5,400円 8,100円
乗用(営業用) 1,800円 3,500円 5,200円
貨物用(自家用) 1,300円 2,500円 3,800円
貨物用(営業用) 1,000円 1,900円 2,900円

三輪の軽自動車

【電気自動車および天然ガス自動車】
1,000円

【平成32年度燃費基準+20%以上達成の乗用車(貨物車は平成27年度燃費基準+5%以上達成の車両)】
2,000円

【平成32年度燃費基準以上達成の乗用車(貨物車は平成27年度燃費基準+15%以上達成の車両)】
3,000円

軽自動車税の減免について

 身体に障がいのある方、知的、及び精神に障がいのある方のために使用される軽自動車等で、一定の要件に該当するものについては申請により軽自動車税を免除する制度があります。
 この制度は、身体障がい者等1人につき1台の自動車に限られています。
 なお、減免を受けるには毎年申請をする必要があります。

必要書類

  • 減免申請書
  • 車検証のコピー
  • 運転者の運転免許証のコピー
  • 身体障害者手帳等のコピー
    新規で申請を受ける方、手帳の更新等を行った方は原本

対象となる身体障がい者等の範囲

身体障がい者

【身体障害者手帳をお持ちの方】
以下の「障害の区分表1」の障害の区分に応じ、障害の級別に該当する障害がある方

【戦傷病者手帳をお持ちの方】
以下の「障害の区分表2」の障害の区分に応じ、重度障害の程度又は障害の程度に該当する障害がある方

知的障がい者

療育手帳をお持ちの方で、次のいずれかに該当する障害がある方

  • ○(マル)A(○(マル)Aの1、○(マル)Aの2)又はAの1の方
  • Aの2で、かつ、音声機能もしくは言語機能又は上肢の障害があり、身体障害者手帳に障害の級別三級の記載がある方

精神障がい者

精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方で、障害等級が1級の方

障害の区分表

障害の区分表1
障害の区分 障害の級別
視覚障害 一級から三級までの各級及び四級の一
聴覚障害 二級及び三級
平衡機能障害 三級
音声機能又は言語機能障害 三級(喉頭摘出に係るものに限る。)
上肢不自由 一級及び二級
下肢不自由 一級から六級までの各級
体幹不自由 一級から三級までの各級及び五級
乳児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害(上肢機能) 一級及び二級
乳児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害(移動機能) 一級から六級までの各級
心臓機能障害 一級、三級及び四級
じん臓機能障害 一級、三級及び四級
呼吸器機能障害 一級、三級及び四級
ぼうこう又は直腸の機能障害 一級、三級及び四級
小腸機能障害 一級、三級及び四級
ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害 一級から三級までの各級
肝臓機能障害 一級から四級までの各級
障害の区分表2
障害の区分 重度障害の程度又は障害の程度
視覚障害 特別項症から第四項症までの各項症
聴覚障害 特別項症から第四項症までの各項症
平衡機能障害 特別項症から第四項症までの各項症
音声機能又は言語機能障害 特別項症から第二項症までの各項症
(喉頭摘出に係るものに限る。)
上肢不自由 特別項症から第三項症までの各項症
下肢不自由 特別項症から第六項症までの各項症及び
第一款症から第三款症までの各款症
体幹不自由 特別項症から第六項症までの各項症及び
第一款症から第三款症までの各款症
心臓機能障害 特別項症から第五項症までの各項症
じん臓機能障害 特別項症から第五項症までの各項症
呼吸器機能障害 特別項症から第五項症までの各項症
ぼうこう又は直腸の機能障害 特別項症から第五項症までの各項症
小腸機能障害 特別項症から第五項症までの各項症
肝臓機能障害 特別項症から第五項症までの各項症

申請期間及び提出期限

【初めて減免申請を受けられる方】
軽自動車税の納付書が届いた日から軽自動車税の納期限まで

【継続で減免申請を受けられる方】
2月1日から軽自動車税の納期限まで

公益専用車・身体障がい者用改造車の減免について

 公益のために直接専用するものと認める軽自動車または、身体障がい者等の利用に供するため、車椅子や浴槽等を装着する身体障がい者用の改造車についても減免を受けることができます。
 詳しくは、市民税課軽自動車税担当までお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ先

財政部 市民税課

電話番号:0476-20-1513

ファクス番号:0476-24-2858

メールアドレス:shiminzei@city.narita.chiba.jp