• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

更新日:2017年5月12日

印刷する

 個人住民税は、市が税額を計算し、これを納税者に通知して納税していただく仕組みになっていますが、市が適正な課税を行うために、納税者から住民税の申告書を市長に提出していただくことになっています。

申告をしなければならない人

 市内に住所のある人は、原則として申告書を提出しなければなりません。ただし、所得税の確定申告をされた方や次に該当する人は申告の必要はありません。

前年中の所得が給与又は公的年金のみである人

 前年中の所得が給与又は公的年金のみの人は、給与又は公的年金の支払者から給与支払報告書又は公的年金支払報告書が提出されますので、申告する必要はないことになっているものです。
 ただし、給与の支払者から給与支払報告書が提出されない人は、申告書を提出してください。
 また、雑損控除、医療費控除又は寄附金税額控除等を受けようとする人は、そのための申告書を提出してください。

申告書の提出先

 納税者の1月1日現在における住所地の市区町村です。

申告書

申告書の控えが必要な方は、記入済みの申告書を提出の前にコピーしてご利用下さい。

このページの資料をご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ソフトウェアをお持ちでない方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを閲覧・印刷することができます。

このページに関するお問い合わせ先

財政部 市民税課

電話番号:0476-20-1513

ファクス番号:0476-24-2858

メールアドレス:shiminzei@city.narita.chiba.jp