成田市ウェブサイト 文字の拡大ヘルプサイトマップForeign Language
メニューをスキップして本文へ
ホーム 成田市について 暮らし 市政情報 観光情報

【現在のページ】 ホーム > 暮らし > 生活便利帳 > いざというとき > 心肺蘇生法





応急手当について学んでみましょう!

【心肺蘇生法 G2010】

1 傷病者の反応を確認

画像

傷病者を発見したら、自分自身の安全を確認しながら近づき、相手の肩をたたきながら呼びかけて意識の確認をします。

※呼びかけに対して目を開けるか、なんらかの返答または手を動かすなどのしぐさがなければ「反応なし」と判断します。

2 助けを呼ぶ

画像

反応がなければ、大きな声で「誰か来てください!」と助けを求めます。

3 協力者が来たら

画像

協力者がきたら

「あなた119番通報して、救急車を呼んでください!」

「あなたAED(自動体外式除細動器)を持ってきてください!」

と指名してお願いします。

※救助者が一人のときや協力者が誰もいないときは、119番通報を優先します。

4 まずは呼吸の確認

画像

呼吸は胸とお腹の動きをみて普段どおりの呼吸をしているかどうかを10秒以内確認します。

※しゃくりあげるような、途切れ途切れに起きる呼吸を“あえぎ呼吸”といい、普段どおりの呼吸ではありません。

5 呼吸がなかったら胸骨圧迫

普段どおりの呼吸がなかった場合は、直ちに胸骨圧迫を開始し、全身に血液を送ります。                            

胸の真ん中に、片方の手の付け根を置き、他方の手を上に重ねて組み肘をまっすぐ伸ばし、重ねた両手で強く、速く、絶え間なく圧迫します。

・傷病者の胸が少なくとも5cm(小児は胸の厚さの1/3)沈むほど強く、1分間で少なくとも100回以上の速いテンポで絶え間なく圧迫します。

※圧迫と圧迫の間は、胸がしっかり戻るまで十分に圧迫を解除します。肘を曲げての圧迫や斜めに圧迫してはいけません。

画像

画像

6 胸骨圧迫部位

画像

・胸の真ん中

(左右の真ん中で、かつ、上下の真ん中)

※必ずしも衣服を脱がせて確認する必要はありません。   

7 胸骨圧迫時の手の置き方

・圧迫部位に片方の手の付け根を置きます。

画像

・他方の手を上に重ねて組みます。

8 心肺蘇生法の実施(胸骨圧迫と人工呼吸の組み合わせ)

画像

画像

・人工呼吸ができる場合は、胸骨圧迫を30回連続して行なった後、人工呼吸を2回行ないます。

※吹き込みは1回1秒

・この胸骨圧迫と人工呼吸の組み合わせ(30:2のサイクル)を、救急隊に引き継ぐまで絶え間なく続けます。

・人工呼吸中は胸骨圧迫が中断しますが、中断時間は出来るだけ短くなるようにしてください。

・疲れてくると胸骨圧迫が不十分になるので、近くに協力者がいる場合には1〜2分程度を目安に交代し、絶え間なく続けることが大切です。

※簡易型の感染防護具を持っていると役立ちます。

普通救命講習を受講した方には配布しています

※出血がある場合や、感染防護具を持っていない、口対口の人工呼吸がためらわれる場合には、人工呼吸は行わずにすぐに胸骨圧迫に進みます。  

画像

   感染防護具

☆反応はないが正常な呼吸をしている場合は・・・

【回復体位】

・気道の確保を続けて、救急隊の到着を待ちます。

吐物等による窒息の危険があるか、傷病者のそばを離れるときには回復体位にします。

画像

画像

・体を横向きに寝かせます。

・下あごを前に出し、あごの下に上側の手の甲を入れて気道を確保します。

・上側のひざを約90度曲げて、後ろに倒れないように安定させます。   

「AEDが到着しました!」

  AEDの使用手順へ

☆心肺蘇生法を中止するのは… 

 @救急隊が到着し引き継いだとき

 A傷病者が嫌がって動き出すか、普段どおりの呼吸を始めたとき

◆関連情報


救命処置の流れ(心肺蘇生法とAEDの使用)G2010

>>> 生活便利帳(いざというとき)へ