• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2016年11月7日

印刷する

保育園・児童ホーム

保育園

 保育園は、児童の保護者等が就労、疾病、病人の看護などにより児童の保育にあたれない場合に保護者に代わって保育するための施設です。このため、ご家庭で保育にあたることが出来る方がいる場合や「幼児教育の場」「小学校の入学準備」などの理由では入所することはできません。
 各園の保育時間などの詳細については、「保育園一覧」のページをご覧ください。

入所手続き

 保育園の入所申込みは毎月行っています。入所を希望する月の前月に申込みを行ってください。なお、毎年4月入所(新年度)の入所受付については、受付け時期が通常の受付けとは違います(1月初旬に実施)ので、確認の上、申し込んでください。
 また、保護者の就労先がある場合やその市区町村へ引っ越す予定がある場合、市外の保育園が利用できることがありますので、市外の保育園を希望される方は、事前に保育課までご相談ください。
 保育園入所手続きに関する詳細は、「保育所等の入所申込のご案内」のページをご覧ください。

【問い合わせ】
保育課
電話番号:0476-20-1607
または各保育園

保育料

 保育料は、前年の世帯の所得により決定します。
 くわしくは、「成田市保育料徴収金額表」をご覧ください。

一時保育

 一時保育とは、保護者の就労形態や緊急時において、一時的に児童の保育を実施する保育サービスです。小学校就学前の成田市民の児童で、現在、保育園を利用していない方が対象となります。ただし、利用する際の理由により、児童をお預かりできる日数が異なりますので、くわしくは、「一時保育」のページをご覧ください。

認可外保育施設

 保育を行うことを目的とする施設であり、認可保育園以外の施設を認可外保育施設(無認可保育園)と総称して呼んでいます。保育内容、利用料金、利用時間、申込方法などについては、直接各園へお問い合わせください。
 くわしくは、「認可外保育施設利用者補助金」のページをご覧ください。

子育て支援事業(保育園)

 「青空ゆめひろば(長沼保育園)」「ひだまり(大栄保育園)」では、子育てママとお子さんのふれあいを応援するために保育園の施設を開放しています。
 くわしくは、「青空ゆめひろば・ひだまり」のページをご覧ください。

福沢諭吉記念子ども館

 長沼保育園の一部を開放して、遊びや学びの拠点となる「こども館」を設置しています。
 くわしくは、「福沢諭吉記念こども館」のページをご覧ください。

保育園の開放

 幼稚園や保育園に通っていない乳幼児とその保護者を対象にして、保育園を開放しています。開放日には、親子で園の行事に参加したり、在園児と一緒に遊んだりすることができます。また、保育園の開放日については、毎月「広報なりた」15日号でお知らせしています。
 保育園開放の実施園や時間などについては、「園開放」のページをご覧ください。

認可外保育施設利用者補助金

 成田市民の方で、成田市の保育所への入所基準を満たした方で、国の認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書が交付されている認可外保育施設を利用している方を対象に補助金を交付しています。
 くわしくは、「認可外保育施設利用者補助金」のページをご覧ください。

児童ホーム

 両親が共働きなどのため、放課後子どもが帰宅しても保護者がいない家庭の小学生をお預かりする施設です。

問い合わせ

保育課
電話番号:0476-20-1607

母子福祉

児童扶養手当

 ひとり親家庭(死亡、離婚、父母に法で定める程度の障害があるなど)で、お子さんを育てている人が対象です。手当は、子どもが18歳になった日以降の最初の3月31日まで支給されます。
 ただし、所得制限により支給されない場合や、満額を支給されない場合(一部支給)もあります。また、遺族年金など公的年金を受けている場合などは支給されません。

 支給額などについてくわしくは、「児童扶養手当制度について」のページをご覧ください。

交通遺児・母子家庭等就学資金貸付制度

 交通遺児、母子・父子家庭で、高校生を扶養する人に就学資金を貸し付けています。(所得制限があります)

【貸付金額】
  • 修学資金:月額1万円以内
  • 入学一時金:20万円以内

母子家庭等児童入学および就職祝金

 母子・父子家庭などの児童が、小学校、中学校、高校などに入学する場合や、中学卒業後直ちに就職する場合に祝金を差し上げています。

祝金:1人につき8,000円

母子家庭等への医療費助成制度

 母子・父子家庭などの家族が入院・通院して支払った保険診療費や調剤費などの医療費の自己負担分の一部を助成します。ただし、所得制限があります。

県の貸付制度

 母子福祉資金や寡婦福祉資金があります。

問い合わせ

子育て支援課
電話番号:0476-20-1538

関連リンク

このページの資料をご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ソフトウェアをお持ちでない方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを閲覧・印刷することができます。

このページに関するお問い合わせ先

企画政策部 広報課

電話番号:0476-20-1503

ファクス番号:0476-24-1006

メールアドレス:koho@city.narita.chiba.jp