• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2017年10月23日

印刷する

お知らせ

 食品中の放射性物質については、平成24年4月1日から食品衛生法に基づく新基準値が施行され、より一層、食品の安全と安心を確保するための運用がなされております。
 チェック体制としては、都道府県をはじめとする地方公共団体において、モニタリング調査等が行われており、基準値を超える放射性物質を含む食品が流通することがないよう安全対策が取られています。
 また、給食センターでは、納入業者にも産地と安全性の確認を徹底するよう指導するとともに、入荷時に職員が産地のチェックを行い、調理の過程においても、野菜類等は、複数回洗浄をした上で使用しております。
 さらに、平成24年1月からは市で導入した簡易型測定装置により食材の放射性物質についてサンプリング検査を実施しています。

 今後も、引き続き正確な情報の収集に努め、事態の変化に適切に対応してまいります。

使用した主な食材の産地をお知らせいたします

米、パン、牛乳(平成29年度)

産地:成田市(平成28年産米成田産コシヒカリ)

(平成28年産米は千葉県が収穫時に実施した検査の結果、放射性セシウムは検出されず安全性が確認されました。)

パン(小麦粉)

産地:千葉県 北海道 北関東

パン(米粉)

産地:千葉県

牛乳

産地:原乳は千葉県を基本とし、不足する時は北海道産を使用

(県によるモニタリング調査が行われています。)

野菜類、果物、肉類、魚類等

平成29年度

平成28年度

学校給食食材の放射性物質検査について

 学校給食で使用する食材の放射性物質検査を実施しましたので、その結果についてお知らせいたします。
(簡易型測定装置による食材のサンプリング検査は、毎日実施する計画ですが、入荷時の産地確認の結果、検査を実施しない場合がございます。)

学校給食食材の放射性物質検査結果

関連リンク

このページの資料をご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ソフトウェアをお持ちでない方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを閲覧・印刷することができます。

このページに関するお問い合わせ先

教育部 学校給食センター

電話番号:0476-27-9449

ファクス番号:0476-27-2541

メールアドレス:kyushoku@city.narita.chiba.jp