• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2016年8月15日

印刷する

 母子・父子・寡婦福祉資金とは、ひとり親家庭の経済的な自立を支援するための貸付制度です。親の技能習得や子どもの就学に係る費用などを対象に、無利子または低利で貸付を行っております。

母子・父子・寡婦福祉資金の概要

 事前相談と申請書の提出は成田市子育て支援課が窓口となりますが、制度に関するご質問や審査・決定・貸付は千葉県印旛健康福祉センターが窓口になります。

貸付の対象

母子福祉資金

  • 20歳未満の児童を扶養する母子家庭の母
  • 父母のいない20歳未満の児童

父子福祉資金

  • 20歳未満の児童を扶養する父子家庭の父

寡婦福祉資金

  • 寡婦とその寡婦に扶養されている20歳以上の子
  • 配偶者のいない40歳以上の女性で、寡婦以外のかた

資金の種類

 福祉資金の種類ごとに対象や条件が異なります。詳しくは下記へお問い合わせください。

【問い合わせ先】
印旛健康福祉センター 母子・父子自立支援員
〒285-8520 佐倉市鏑木仲田町8-1
電話番号:043-483-1120

 貸付けの限度額、利率、償還期間等、詳細については、「母子・父子・寡婦福祉資金の貸付け」(千葉県ホームページ)をご覧ください。
このページに関するお問い合わせ先

健康こども部 子育て支援課

電話番号:0476-20-1538

ファクス番号:0476-24-1086

メールアドレス:kodomo@city.narita.chiba.jp