• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2012年9月6日

印刷する

子どもの権利条約について

 「子どもの権利条約(児童の権利に関する条約)」は、世界中の18歳未満の子どもが健やかに成長できるようにとの願いを込めて、1989年(平成元年)11月に国際連合の総会で採択されました。日本は1994年(平成6年)にこの条約を結んでいます。この条約は、子どもを人権の主人公として尊重し、子どもも大人と同じ独立した人格を持つ権利の主体としてとらえ、子どもの人権を保障しています。また、子どもは心や体が発達し、成長する途中にあることから、特別に保護されることが必要で、子どもは大人から発達を支援され、援助されなければなりません。この条約では、子どもの権利について、「生きる権利」「育つ権利」「守られる権利」「参加する権利」の4つの権利を守ることを定めています。

 「子どもの権利条約」のくわしい解説はユニセフのホームページからご覧いただけます。
 条約全文は外務省のホームページからもご覧いただけます。

このページに関するお問い合わせ先

健康こども部 子育て支援課

電話番号:0476-20-1538

ファクス番号:0476-24-1086

メールアドレス:kodomo@city.narita.chiba.jp