• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2017年8月25日

印刷する

成田市歯と口腔の健康づくり推進条例

 歯と口腔の健康は、こども達の丈夫な体と心を育てます。
 また、生活習慣病の予防など全身の健康の保持増進に重要な役割を果たしています。
 市では、市民の皆さんが生涯にわたり生き生きと安心して過ごせるように、市民の皆さん、市、歯科医師、保健医療福祉関係者及び教育関係者、事業者など、それぞれが担う役割や市の施策を定めた「成田市歯と口腔の健康づくり推進条例」を平成26年4月に施行しました。
  • 成田市歯と口腔の健康づくり推進条例のイメージ画像

成田市の現状と課題

 市では、乳幼児期から高齢期まで歯科健診、歯科健康教育、在宅寝たきり者(児)への訪問歯科事業など様々な歯科保健事業を実施しています。
 しかし、“むし歯のある子どもの割合”は千葉県平均に比べ良好とはいえない状況にあり、“成人歯科検診(歯周疾患検診)における歯周病にかかっている人の割合”は非常に高く、大きな課題となっています。
 また、平成25年3月末現在、市の高齢化率は約19%であり、年々増加をしています。
 市民の健康寿命を延ばすとともに、一人ひとりの健康で生きがいを持った生活をささえるためには、さらなる歯と口腔の健康づくり施策の推進が必要です。

成田市歯と口腔の健康づくり計画

「成田市新総合計画」の基本方向である“市民一人ひとりの健康で生きがいを持った生活を支える”を実現するために、市民が自ら歯と口腔の健康づくりに取り組むとともに、市、歯科医師等をはじめとする全ての関係者が、それぞれの役割において歯と口腔の健康づくりを推進し、市民の健康の保持増進及び健康寿命の延伸に寄与することを目的として「成田市歯と口腔の健康づくり計画」を定めました。

計画の位置づけ

本計画は、「成田市歯と口腔の健康づくり推進条例」(平成26年4月1日施行)第9条の規定に基づく計画であり、国の「歯科口腔保健の推進に関する法律」(平成23年法律第95号)、第12条第1項の規定に基づき定められる「歯科口腔保健の推進に関する基本事項」と、県の「千葉県歯・口腔の健康づくり推進条例」(平成22年条例第24号)、「千葉県歯・口腔保健計画」、市の各種計画との整合性を図るものとします。

成田市の主な取り組み

 「成田市歯と口腔の健康づくり推進条例」を平成26年4月に制定し、この度、この条例に基づき、生涯にわたる一貫した歯と口腔の健康づくりの方向性を示し、歯と口腔の健康づくりに関する施策を総合的かつ計画的に推進するため「成田市歯と口腔の健康づくり計画」を策定いたしました。 
  1. むし歯や歯周病の予防のみではなく、「食べる・飲みこむ」などの口腔の機能の維持、さらに口の中の様々な病気の予防や早期発見など、口の中全体の健康づくりを進めていきます。
  2. 乳幼児期、学齢期、成人期及び高齢期におけるそれぞれの特性を踏まえた歯と口腔の健康づくりを進めていきます。
  3. 障害のある方、介護を必要とする方の歯と口腔の健康づくりを進めていきます。
  4. 子どもの歯と口腔の健康づくりに十分取り組むことができない保護者への対応を進めていきます。
  5. 自然災害や航空機災害などの被災者の歯や口腔の応急的な対応を進めていきます。
 くわしくは、「成田市歯と口腔の健康づくり推進計画」をご覧ください。

関連リンク

このページの資料をご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ソフトウェアをお持ちでない方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを閲覧・印刷することができます。

このページに関するお問い合わせ先

健康こども部 健康増進課

電話番号:0476-27-1111

ファクス番号:0476-27-1114

メールアドレス:kenko@city.narita.chiba.jp