• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2016年8月24日

印刷する

あんしん見守りネットワークについて

 市では、高齢者等が安心して暮らせるよう、あんしん見守りネットワークを構築しています。

  • 成田市あんしん見守りネットワークのチラシの画像

地域協力員や協力事業者と連携して高齢者等の異変に迅速に対応します

 地域協力員や協力事業者は、日常生活や日常業務の範囲内で高齢者等の異変を発見した時に、市や地域包括支援センターに連絡します。ただし、緊急時には、警察や消防に通報します。

高齢者等の異変は次のような場合です

  • 新聞や郵便物がたまっているとき。
  • 洗濯物がずっと干したままのとき。
  • 住宅の照明が昼夜を問わず点灯又は消灯したままのとき。
  • 雨戸がずっと閉まっているとき。
  • 住宅又は敷地内にゴミが散乱しているとき。
  • 家人(高齢者等)を最近見かけないとき。
  • 家人(高齢者等)の体調が悪い状態を発見したとき。
  • 季節に合わないなど家人(高齢者等)が不自然な服装をしているとき。
  • 道に迷ったり、深夜に出歩いている高齢者等(徘徊)を発見したとき。
  • 住宅内から怒鳴り声や悲鳴が聞こえたとき。
  • 虐待と思われる状況を目撃したとき。
  • その他明らかに日常と様子が違うとき。

協力事業者を募集します

 市では、高齢者等の日常の異変を発見した時に、市や地域包括支援センターに連絡していただける協力事業者を募集しています。
 当ネットワーク事業にご協力いただける場合には、あんしん見守りネットワーク事業協力事業者届出書の提出をお願いします。

関係事業について

このページの資料をご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ソフトウェアをお持ちでない方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを閲覧・印刷することができます。

このページに関するお問い合わせ先

福祉部 高齢者福祉課

電話番号:0476-20-1537

ファクス番号:0476-24-2367

メールアドレス:kofuku@city.narita.chiba.jp