• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2016年10月26日

印刷する

認知症により家に帰ることができなくなる高齢者やその家族の方へ

  • 外に出かけた時に、どこにいるのか分からなくなり家に帰れなくなることが良くある。
  • 何度も警察に保護されてしまう。

 このような高齢者やその家族の方に対しまして、成田市では徘徊高齢者早期発見ステッカーの交付を行っております。

使い方

  1. 対象者を特定できる情報や緊急連絡先などを事前に登録します。
    なお、登録内容については、警察にも情報を提供します。
  2. 夜間でも見やすい反射材を使用したステッカーを交付し、対象者の履物に貼ります。
    ステッカーは1回の申請につき5足分を交付します。

 これにより、家に帰れなくなった高齢者の方の速やかな保護や警察などに保護された方の早期の身元確認を行うことができます。

対象者

 認知症により行方不明になる恐れのある市内にお住いの65歳以上の方。

交付の手続きについて

申請受付窓口

高齢者福祉課もしくは下総・大栄支所

申請者

対象者本人またはその家族

申請方法

 対象者の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、緊急時の連絡先を申請書に記入して頂き、事前登録します。
 また、任意で対象者の写真を登録することも可能です。

必要なもの

印鑑、身分証明書(健康保険証や運転免許証等)

申請書

「成田市徘徊高齢者早期発見ステッカー交付申請書・登録情報変更届」をご利用ください
このページに関するお問い合わせ先

福祉部 高齢者福祉課

電話番号:0476-20-1537

ファクス番号:0476-24-2367

メールアドレス:kofuku@city.narita.chiba.jp