• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2017年11月27日

印刷する

新たな指定有効期間

総合事業の指定の有効期間は、介護保険サービスの指定の有効期間である6年間を勘案して市町村が定めることとされており、本市では、これまで一律6年間としていました。
しかし、総合事業の指定事業者は、訪問介護、通所介護そのほかの介護保険サービスの指定を受け、同一の事業所において一体的にサービスを提供している事業者が多いことから、指定事業者の事務負担の軽減などの観点から、指定事業者の選択に応じ、総合事業の指定の有効期間を他の介護保険サービスの指定の有効期間と一致させることができることとしました。
指定有効期間は、事業者の選択に応じ、次のいずれかになります。
  1. 6年間
  2. 訪問介護、通所介護そのほかの介護保険サービスの指定の有効期間と同一

そのほかの介護保険サービスの指定の有効期間と同一にする要件

 そのほかの介護保険サービスの指定事業者であって、同一の事業所において一体的に総合事業のサービスを提供すること。

必要な手続など

 新規の指定申請又は指定の更新申請の際に、申請書に必要な事項を記載してください。指定の有効期間の途中で変更することはできません。
 指定申請書及び指定更新申請書については、それぞれの手続のページをご覧ください。
このページに関するお問い合わせ先

福祉部 高齢者福祉課

電話番号:0476-20-1537

ファクス番号:0476-24-2367

メールアドレス:kofuku@city.narita.chiba.jp