• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2017年3月22日

印刷する

ダイオキシン類測定について

 ダイオキシン類は毒性が強く、発がん性物質のひとつであるとも言われているものです。工業的につくられることはありませんが、炭素・酸素・水素・塩素が熱せられるような工程で意図せずにできてしまう物質で、主な発生源は、ごみの焼却による燃焼過程の他、金属精錬の燃焼過程や、紙などの塩素漂白工程など様々なものがあります。また、かつて使用されていたPCB(ポリ塩化ビフェニル)や、一部の農薬に不純物として含まれていたものが土壌や底泥などに蓄積し、そこから環境中に出現するとも言われています。
 ダイオキシン類には環境基準が定められており、その状況を把握するため、市では一般環境の大気・河川(水)・河川(底質)・地下水・土壌におけるダイオキシン類測定を、それぞれ下表の頻度、地点で実施しています。
ダイオキシン類測定の調査項目・頻度・調査地点の表
調査項目 頻度 調査地点
大気 年2回 幡谷測定局
大清水測定局
河川(水) 年2回 新妻橋(根木名川水系)
新川水門(根木名川水系)
柴田橋(大須賀川水系)
河川(底質) 年1回 新妻橋(根木名川水系)
新川水門(根木名川水系)
柴田橋(大須賀川水系)
地下水 年1回 毎年異なる3地点
土壌 年1回 毎年異なる3地点

平成28年度の結果について

 測定したすべての箇所・項目において、環境基準を満たしていました。

ダイオキシン類測定結果

このページの資料をご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ソフトウェアをお持ちでない方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを閲覧・印刷することができます。

このページに関するお問い合わせ先

環境部 環境対策課

電話番号:0476-20-1532

ファクス番号:0476-22-4449

メールアドレス:kantai@city.narita.chiba.jp