• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2017年3月3日

印刷する

自動車騒音・振動測定について

 市では、市内主要道路を対象に、自動車交通量・騒音・振動調査(要請限度(注1)の調査)及び自動車騒音・道路沿道騒音調査を実施しています。
 騒音規制法第21条の2及び振動規制法第19条に基づき実施している自動車交通量・騒音・振動調査(要請限度の調査)は、今後の道路環境を考える上での資料となります。
 また、騒音規制法第18条の規定に基づき実施している自動車騒音・道路沿道騒音調査では、市内にある2車線以上を有する国道(高速道路を含む)及び県道並びに4車線以上の市道について、一定区間ごとに区切って評価区間を設定し、評価区間を代表する1地点で等価騒音レベル(Leq)の調査を行い、その結果を用いて、評価区間の道路端から50メートルの範囲内にあるすべての住居等について騒音レベルを推計することで環境基準を達成する戸数および割合を把握する面的評価という手法で行い、5年で市内の主要道路についてすべて評価ができるようなサイクルで実施しています。

(注1)要請限度とは、指定地域内における自動車騒音又は道路交通振動が環境省令で定める限度のことで、これを超えることにより、道路の周辺の生活環境が著しく損なわれると市長が認めるときは、公安委員会に対し道路交通法の規定による措置を執ることを要請することができ、道路管理者に意見を述べることができます。

平成28年度の結果について

 要請限度の調査では、騒音、振動ともに全ての箇所で昼間・夜間とも要請限度を満たしていました。
 自動車騒音の面的評価については、対象となる区間全体の90.2%の住居等が、昼間・夜間とも環境基準値を満たしていました。

音の大きさの身近な例

音の大きさの身近な例の一覧表
騒音レベル 身近な例
120デシベル 飛行機のエンジンの近く、近くの落雷
110デシベル 自動車のクラクション(直近)
100デシベル 電車が通る時のガード下、地下鉄の構内
90デシベル カラオケ店内(客席中央)、犬の鳴き声(直近)、騒々しい工場の中
80デシベル 走行中の電車内、救急車のサイレン(直近)、ピアノ(正面1メートル)
70デシベル 騒々しい事務所の中、騒々しい街頭、高速走行中の自動車内、電話のベル
60デシベル 普通の会話、走行中の自動車内、デパート店内
50デシベル 静かな事務所、家庭用エアコンの室外機、木々のざわめき
40デシベル 深夜の市内、図書館、静かな住宅地の昼、しとしと降る雨
30デシベル 深夜の郊外、病室内、鉛筆の執筆音、ささやき声
20デシベル 木の葉のすれ合う音、雪の降る音、置時計の秒針の音(前方1メートル)

振動の大きさの目安

振動の大きさの一覧表
振動レベル 人の体感等 屋内外の物の状況
110デシベル以上 自分の意志では行動できなくなる程度で、飛ばされることもある。 固定していない家具のほとんどが移動したり、倒れたりし、飛ぶことがある。家屋の倒壊は30%以上に及ぶ。
105から110デシベル 立っていることが困難になる。 固定していない家具のほとんどが移動し、倒れるものも多くなる。耐震性の低い住宅には倒壊するものもある。
95から105デシベル 非常に恐怖を感じる程度。物につかまらないと歩くことが難しいなど、一部行動に支障が出る。 電灯などのつり下げ物は激しく揺れ、棚の食器類や書棚の本が落ちることがある。固定していない家具が移動したり、倒れたりすることがある。窓ガラスが割れて落ちることがある。
85から95デシベル ほとんどの人が驚き、かなりの恐怖を感じる程度。歩いていてもほとんどの人が揺れを感じる。 電灯などのつり下げ物は大きく揺れ、棚の食器類が音を立てる。不安定な花瓶等は割れる。
75から85デシベル 屋内にいるほとんどの人が揺れを感じ、恐怖を覚える程度。歩いていても揺れを感じる人もいる。 棚の食器類が音を立てることがある。
65から75デシベル 屋内で静かにしている人の大半が揺れを感じる。 電灯などのつり下げ物が、わずかに揺れる。
55から65デシベル 屋内で静かにしている人の中には、わずかに揺れを感じる人がいる。 特に異常は起きない。
55デシベル以下 揺れを感じない 特に異常は起きない。

自動車騒音・振動測定結果

このページの資料をご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ソフトウェアをお持ちでない方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを閲覧・印刷することができます。

このページに関するお問い合わせ先

環境部 環境対策課

電話番号:0476-20-1532

ファクス番号:0476-22-4449

メールアドレス:kantai@city.narita.chiba.jp