• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2015年2月10日

印刷する

放置自転車は皆の迷惑になります

 手軽な交通手段として、多くの人に利用されている自転車ですが、駅前広場や歩道にちょっとした気持ちで置いた自転車が皆の迷惑になっています。

  • 駅前広場や歩道をふさぎ、歩行者や身体に障害のある方の通行の妨げになります。
  • 車の通行の障害になり、交通事故の発生要因になります。
  • 救急車や消防車などによる災害時の緊急活動の妨げになります。
  • 街の美観を損ないます。
  • 放置自転車がずらりと並んでいる様子

自転車等放置禁止区域

 市ではJR成田駅、京成成田駅、京成公津の杜駅の3駅周辺を「成田市自転車等の放置防止に関する条例」に基づき、放置禁止区域に指定しています。放置禁止区域は標識等により標示しています。

JR・京成成田駅周辺

  • JR成田駅、京成成田駅周辺の自転車等の放置禁止区域の図

京成公津の杜駅周辺

  • 公津の杜駅周辺の自転車等の放置禁止区域の図

放置された自転車は?

 放置禁止区域内にある自転車は警告書を貼った後、撤去します。チェーンなどで工作物に取り付けた場合も、切断して移動しています。市では1年間(平成25年度)に約700台の自転車を移動しました。

放置自転車を無くすには?

 放置自転車を無くすには、利用者一人ひとりがルールとマナーを守ることが大切です。「時間が無い」「駅から遠い」といって、自転車を放置せずに駐輪場を利用しましょう。

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部 交通防犯課

電話番号:0476-20-1527

ファクス番号:0476-24-2858

メールアドレス:kotsu@city.narita.chiba.jp