• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

更新日:2017年11月14日

印刷する

 平成25年の道路法の改正を受け、平成26年7月より「橋梁・トンネル及び門型標識等」の道路施設について「5年に1度」の近接目視による点検が義務化されたため、平成28年度より橋梁の点検を実施しています。

橋梁点検結果について

<平成28年度現在橋梁点検実施数>
道路施設 管理施設数(認定橋) 点検実施数 点検実施率
橋梁 162橋 25橋 15.4%

  橋梁、トンネル等の健全性の点検結果は、以下の4段階に区分します。       
<橋梁、トンネル等の健全性の区分>
判定区分 意味状態
I 健全 構造物の機能に支障が生じていない状態。
II 予防保全段階 構造物の機能に支障が生じていないが、予防保全の観点から措置を講ずることが望ましい状態。
III 早期措置段階 構造物の機能に支障が生じている可能性が有り、早期に措置を講ずべき状態。
IV 緊急措置段階 構造物の機能に支障を生じている、又は生じる可能性が著しく高く、緊急に措置を講ずべき状態。

橋梁点検結果一覧

今後の対応について

 現在、成田市が管理する橋梁数(認定橋)は162橋あり、橋長別では100メートル以上の橋が3橋、50メートル以上の橋が19橋、15メートル以上の橋が86橋、15メートル未満の橋が54橋です。
 平成26年度より橋梁長寿命化修繕計画に基づき、順次補修工事を実施していますが、今後はこの点検結果も踏まえ修繕工事を実施していきます。

このページの資料をご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ソフトウェアをお持ちでない方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを閲覧・印刷することができます。

このページに関するお問い合わせ先

土木部 道路管理課

電話番号:0476-20-1551

ファクス番号:0476-24-4354

メールアドレス:doro@city.narita.chiba.jp