• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2017年5月1日

印刷する

生涯学習について

生涯学習といって思い浮かべることは、何でしょう?

 生きがいを見つける、趣味的な教養を身につける、といったイメージがありますが、「え?こんなことも?」と思うようなことも、生涯学習としてとらえることができます。
 簡潔にあらわせば、「自らが一生涯にわたって学んで、その学び取ったことを生かして生活すること」が生涯学習です。
 学校へ行く、習慣・しつけを習う、研修を受ける、映画や絵画・音楽などを鑑賞する、スポーツを楽しむ、カルチャーセンターなどの教室に参加する、というようなことはもちろんのこと、生活の中で何かを学んでいくこと、そして学んだことをこれからの生活に生かすこと、皆さんが生涯学習と意識しない生活すべてが実は生涯学習と考えることができるのです。

 成田市教育委員会では、皆さんの学習活動を手助けするため、行政として支援できる分野についてさまざまな事業を行っています。

生涯学習の歴史

1965年(昭和40年)

ポール・ラングランがユネスコ成人教育推進国際委員会で「生涯教育」を提唱

1981年(昭和56年)

中央教育審議会が『生涯教育について』を答申(以下、一部抜粋)
「生涯教育とは、国民の一人一人が充実した人生を送ることを目指して生涯にわたって行う学習を助けるために、教育制度全体がその上に打ち立てられるべき基本的な理念」

1988年(昭和63年)

文部省(現在、文部科学省)の社会教育局が生涯学習局(現在、生涯学習政策局)に改組される

1990年(平成2年)

『生涯学習の振興のための施策の推進体制等の整備に関する法律』(平成2年6月29日法律第71号)が制定される

2000年(平成12年)

『成田市生涯学習推進計画』を策定
『成田市生涯スポーツマスタープラン』を策定

2006年(平成18年)

新しい『教育基本法』(平成18年法律第120号)に、教育の根本にあるものとして「生涯学習の理念」が規定される

これも生涯学習?

学校教育も生涯学習?

 学校へ行って各科目の授業で学ぶことなど、いわゆる学校教育と呼ばれている分野があります。この学校教育は生涯学習なのでしょうか?それとも生涯学習とは別のものなのでしょうか?
 日本では「あらゆる学び」が生涯学習と考えられており、“学校教育は生涯学習の中に含まれる”、“生涯学習の一部である”というのが通説です。

職場の研修も生涯学習?

 「学校教育も生涯学習?」にあるように生涯学習は「あらゆる学び」が含まれますので、当然、職場での研修なども生涯学習の一部ということになります。
 海外では、現在のあるいは将来の職業のために資格を取る、そのためにスクールに通ったり通信講座で学ぶというような、職場の内や外での職業に関連した技能などに関する学習、訓練、研修こそが生涯学習であるとして推進している国もあります。

生涯学習は社会教育が名前を変えただけ?

 社会教育が教育する立場からの言葉で、生涯学習が学ぶ人自身の立場に立った言葉という違いはもちろんですが、社会教育と生涯学習の中身は全く同じではありません。
 社会教育法(昭和24年法律第207号)第2条には、こう書かれています。『この法律で「社会教育」とは、学校教育法(昭和22年法律第26号)に基き、学校の教育課程として行われる教育活動を除き、主として青少年及び成人に対して行われる組織的な教育活動(体育及びレクリエーシヨンの活動を含む。)をいう。』
このページに関するお問い合わせ先

教育部 生涯学習課

電話番号:0476-20-1583

ファクス番号:0476-24-4326

メールアドレス:shogaku@city.narita.chiba.jp