• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2015年7月15日

印刷する

 救急車の適切な利用の仕方についてご案内します。

救急車の適切な利用の仕方について

 消防本部では8台の救急車で、成田市及び神崎町で発生した救急事案に出動しています。
 平成26年中の救急出動件数は全国的に増加し、成田市においても前年と比較すると43件増加しました。
 また、救急搬送した傷病者の約50.6%は入院の必要のない軽症でした。

 救急車は、けがや急病などで緊急に病院に搬送しなければならない方のためのものです。緊急ではないのに救急車を要請すると、本当に救急車を必要とする人のところへの到着が遅れ、大切な命が救えなくなる恐れがあります。
 病状や、事故の状況により、急いで病院へつれていったほうがよいと思った時には、迷わず119番通報して救急車を呼んでください。
 しかし、救急車を本当に必要とする人のために、緊急性がない場合には、自家用車等で病院に行くように皆さんのご理解とご協力をお願いいたします。
成田市の救急出動件数と搬送人員の表
出動件数 搬送人員 軽症者搬送人員 軽症者の占める割合
平成24年 6,300件 5,676人 2,846人 50.1%
平成25年 6,633件 5,818人 2,949人 50.7%
平成26年 6,676件 5,820人 2,943人 50.6%
  • 平成26年度の傷病程度別搬送人員割合の円グラフ。軽傷50.6%が最も多く、次いで中等症40.1%、重症7.5%、死亡1.8%の順。

救急車が必要なときはどんな時?

  • 救急車を呼んだら用意しておくべきもの「救急通報のポイント」
  • 重大な病気やケガの可能性がある「ためらわず救急車を呼んでほしい症状」
  • 実際に救急車を呼ぶ場合の「救急車の呼び方」

救急車利用マニュアル(総務省消防庁作成)

 「救急車利用マニュアル」については、以下の「救急車利用マニュアル A guide for ambulance services」をご覧ください。
  • 「大切な命を救う為に」救急車後部にステッカーを掲示してPRをしている写真
このページに関するお問い合わせ先

消防本部 警防課

電話番号:0476-20-1592

ファクス番号:0476-24-4368

メールアドレス:keibo@city.narita.chiba.jp