• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2014年11月19日

印刷する

 建築物の所有者の皆さんに、建築物の耐震改修の必要性を理解していただくため、本市に発生のおそれがある地震の概要と地震による危険性の程度を記載した「地震ハザードマップ」を作成しました。

地震ハザードマップの内容

成田市に影響を与える地震

 「揺れやすさマップ」の作成にあたり、東京湾北部地震(マグニチュード:M7.3)及び陸域の浅い位置で発生する成田直下の地震(マグニチュード:M6.9)の2つの地震を想定し、それぞれの地震ごとに揺れの大きさ(震度)をメッシュ単位で想定し、揺れの大きい方を掲載しています。

揺れやすさマップ

 地形や地盤の状況を考慮し、想定される震源との位置関係をあわせて各地点の震度を計算したものを表示しています。計算は約50メートル四方の「メッシュ」単位で行っています。

液状化マップ

 「揺れやすさマップ」に示されている揺れが生じたときに、液状化現象が起きる可能性を示したものです。液状化が発生する危険性は、その地点の地盤状況と地震の揺れの大きさの関係で変わります。

地域の危険度マップ

 「揺れやすさマップ」に示されている想定地震の揺れの大きさになった場合に、建物に被害が生じる程度を「危険度」として表したものです。計算は、約50メートル四方の「メッシュ」単位で行っており、メッシュ内の建物の構造別・建築年等を考慮して、建物被害予測結果を示しています。
危険度の数値が大きくなるほど、被害が大きくなると予想されます。

(注意)個別の建物の耐震化については考慮しておりません。また、発生する地震の仕方によっては、表示された危険度よりも大きくなることもあります。

地震ハザードマップの活用について

 ご自宅の周辺や普段よく通るところ、よく行くところなどについて想定される揺れや、建物被害等の危険性を確認し、地震への備えにご活用ください。

地震ハザードマップの配布

 地震ハザードマップは、次の市の施設で配布しています。
  • 市役所(1階:行政資料室、5階:建築住宅課)
  • 下総支所総務課
  • 大栄支所総務課
  • 中央公民館

地震ハザードマップの閲覧(PDF版)

成田地区・公津地区・遠山地区・成田ニュータウン地区

平成25年11月更新:公津の杜中の追加

八生地区・中郷地区・久住地区・豊住地区

下総地区

平成25年11月更新:豊住中の削除、豊住運動施設の追加

大栄地区

このページの資料をご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ソフトウェアをお持ちでない方は下記ボタンよりダウンロードしてください。

Adobe Acrobat Reader
PDFファイルを閲覧・印刷することができます。

このページに関するお問い合わせ先

土木部 建築住宅課

電話番号:0476-20-1564

ファクス番号:0476-24-4354

メールアドレス:kenchiku@city.narita.chiba.jp